1. 趣味
    2. アラフォー世代が短期語学留学先を選ぶときのポイント【体験談】

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アラフォー世代が短期語学留学先を選ぶときのポイント【体験談】

    留学とかしてみたいな、と思いながらアラフォーになってしまった筆者。

    転職の際に新職場のスタートまで3週間ほど休みが出来たので、短期語学留学をしてみることにしました。

    語学力アップとしては1ヶ月は短すぎます。ですが英語力がもともと乏しい人が「聴く」「話す」力をつけるためとしては、旅行よりはるかに効果があると思います。

    筆者の短期語学留学体験

    留学先探しから手続完了まで

    退職日と次の職場の入社日が決まったのは、退職日のひと月前でした。急いで留学先を探し申し込みをしました。

    学校は「ApplyESL」で検索しました。

    休暇は3週間あっても行き帰りで2日はいるので、2週間のコースがある学校に限られました。

    アメリカ、イギリス、オーストリアなどさまざまな国の学校が紹介されていますが、筆者は何度か旅行で訪れて気に入っていたので、国はイギリスと決めていました。

    その他の予算などの条件で候補を3校程度にしぼり、各校の公式サイトで詳細を確認してから、「ApplyESL」を通して申し込みしました。

    各校公式サイトでアクティビティーなどの詳細を紹介していることが多いので、確認するようにしましょう。

    2週間前には申し込みをしましたが、連絡の行き違いなどもあり入学手続きが完了し、ホストファミリーの連絡先など必要な情報が全て届いたのは出発の5日前でした。

    スクール

    Worthing Language School

    イギリス南部の海に面した町、Worthingにある語学学校です。

    調べたなかでもっとも小規模で教室は7つくらいしかありませんでした。

    生徒も先生もスタッフも少ないので、2週間のコースでも自然とみんなの顔を覚えられてよかったです。

    通ったのは初心者クラスで人数は8人程度。UAE、スペイン、トルコの生徒が比較的多かったようです。

    授業料・ホームステイで料金は636ポンドでした。

    留学先を選ぶためのポイント

    ポイント1: 地方都市がおすすめ

    イギリス、アメリカは比較的授業料が高いのですが、首都ではなく地方都市だとぐっと値段が下がります。

    またどの国でも首都にある学校だと、周囲に観光名所やショッピングゾーンなど勉強の妨げになる誘惑もたくさん。

    なるべく安く、勉強に集中出来る環境なら、地方都市の語学学校がおすすめです。

    実際、遊び場所が少ないと学校帰りもまっすぐ家へ戻るし、部屋でも大してやることがないので勉強してました。

    ポイント2:1クラスの人数があまり多くないところを選ぶ

    学校選びでの一番のポイントは、やはり「話す」機会が多い環境かどうか、でしょう。

    筆者のクラスは7~8人程度でした。最初は少し寂しいように感じましたが、他国の学生はマイペースに自分の意見を話し続ける人が少なくないので、自分に発言機会がないまま授業が終わることもありました。

    クラスの人数は10人以下が望ましいと思います。

    ポイント3: 学生の平均年齢が高め

    語学学校の生徒の年齢層は、10代後半~20代前半がメインです。

    一日の授業が終わるとクタクタの筆者に比べ、若い彼らはその後も夜遊びに出かけるなど、学校以外の生活も謳歌していました。

    その分、時には翌日の授業で寝不足で明らかにやる気のない様子をみせることもありました。

    その点、30代以上の生徒がある程度いると、クラスに落ち着きが出ます。

    若ければ一緒に夜遊びするのも勉強になると思いますが、アラフォー世代なら、平均年齢が高めの学校のほうが勉強に集中しやすいと思ったほうがいいでしょう。

    ポイント4:週末のアクティビティーがちゃんとしてるところ

    近くのお城を訪れるアクティビティーに参加したときの写真です。

    4名と少人数だったので、自然と会話することになり、語学力アップにもなりました。

    平日は授業で終わりますが、休日はぽっかりと空いてしまうことになります。同じ学校の生徒と親睦を深められるアクティビティーはおすすめです。

    おわりに

    社会人の短期留学先は「落ち着く環境」が大事

    体力や物覚えで遅れをとってしまうアラフォー世代。授業に集中できるかどうかは、留学の成功の大きなポイントだと思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ