1. 料理
    2. 手づかみで食べられる後期の離乳食!かぼちゃごはんお焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手づかみで食べられる後期の離乳食!かぼちゃごはんお焼きの作り方

    離乳食後期に入ると、「自分で食べたい!」という意欲が湧いてきます。そんな時期の赤ちゃんには、手で持って食べやすい形のメニューが嬉しいですよね。

    そこで、手づかみ食べをしやすく、しかも赤ちゃんが喜んで食べてくれる離乳食メニュー、「かぼちゃごはんお焼き」の作り方を紹介します。

    材料(1食分)

    • かぼちゃ・・・20g
    • 軟飯・・・子供茶碗8分目(一膳100gとします)
    • 片栗粉・・・小さじ2
    • ごま油・・・大さじ1

    かぼちゃごはんお焼きの作り方(調理時間約10分)

    STEP1:かぼちゃを切る

    かぼちゃを1㎝角程度の大きさに切ります。

    1㎝角程度なら、火が通りやすく潰しやすいです。

    STEP2:かぼちゃを茹でる

    沸騰したお湯で、かぼちゃを2分ほど茹でて柔らかくします。

    STEP3:かぼちゃを潰す

    STEP2のかぼちゃの水気を切り、熱いうちに潰します。

    STEP4:ごはんと混ぜる

    STEP3にごはんを加えて、マッシャーやすりこ木で潰しながら混ぜます。

    ごはんは温かいものを使用してください。

    STEP5:片栗粉を混ぜる

    ごはんがかぼちゃと馴染んだら、片栗粉を加えてスプーンで混ぜます。まとまりが出てくるまで混ぜてください。

    ごはんの粒は少し残っていてもOKです。

    STEP6:成形する

    STEP5を4等分して、平たく丸く成形します。

    STEP7:焼く

    フライパンにごま油を熱し、STEP6を焼きます。中火で、片面約30秒くらいずつ、両面にこんがり焼き色がつくまで焼けば出来上がりです。

    完成!

    潰してまとまりを出してから焼いているので、手づかみしてもボロボロになりにくく、食べやすくなっています。

    子供に人気のある食材、甘いかぼちゃを利用しているので、喜んでパクパク食べてくれます。おやつにもオススメな一品です。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人