1. 暮らし
    2. 知って役立つ!不動産購入の流れに関する基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    知って役立つ!不動産購入の流れに関する基礎知識

    このライフレシピのもくじたたむ

    不動産を購入する際に各段階でかかる費用や準備する書類について「あまりよく知らない・・・」という方も多いのではないでしょうか?

    ここでは、不動産購入の流れについてご紹介します。

    本記事は、ノムコムのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    不動産購入の流れ

    STEP1:情報収集&住みかえ計画

    現在のお住まいで改善したい点、住みかえ先の夢や希望、暮らし方など、条件を少しずつ整理していきましょう。

    希望されている地域の物件相場や、特徴などの情報を集めましょう。

    STEP2:購入相談

    自分たちだけで分からないことを調べるのは限界があります。購入の条件やご不明点など、気軽に不動産会社に相談しましょう。。

    STEP3:資金計画

    自己資金や収入などからしっかりとした資金計画・返済計画を立てましょう。

    ご家族からの贈与などを受け取る場合、早めに相談しておくとよいでしょう。

    STEP4:物件見学

    購入したい不動産の目安が決まったら、いよいよ物件見学です。

    チラシやホームページでは分からない情報を、実際に現地で自分の目で確かめていきます。

    STEP5:不動産売買契約

    不動産会社から「重要事項説明」を受けた後、「売買契約」が交わされます。

    「重要事項説明」をその場で理解するのは難しいので、事前に書類をもらい読んでおきましょう。

    手付金の支払いも必要です。

    STEP6:ローン申込み

    売買契約が完了したら、住宅ローンの申込です。

    不動産会社では、自分に合った商品のアドバイスや申込みの手伝いも行なっています。

    STEP7:残代金決済と引渡し

    自己資金、ローンなどで残代金の支払いを行います。

    同時に所有権移転の手続き、物件の引渡しを受けます。

    STEP8:引越し・入居

    待望の入居です。

    慌しい時期だけに、手続きや諸連絡など何かと忘れがちなこともあります。

    準備の漏れがないよう、チェックしておきましょう。

    STEP9:確定申告

    住宅ローン減税の適用を受ける方は、住宅に入居した翌年に税務署に申告する必要があります。

    おわりに

    ここでは、不動産購入の流れについてご紹介しました。

    素敵な新生活がスタートできるといいですね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人