\ フォローしてね /

自分に合ったものを!生命保険の「死亡保障」を3つに分類する方法

生命保険は人の身体に掛ける保険。その中でも死亡した時に支払われる「死亡保険」は、定期保険・終身保険・養老保険の3つに大別されます。
ここでは、その3つの死亡保障について紹介していきます。

本記事は、エグゼクティブのご協力により、2013年に執筆されたものです。

定期・養老・終身

生命保険のうち「死亡保障」は以下の3つに分類されます。

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

保険会社は実に多様かつ複雑な「特約」を付加した保険商品を用意していますが、基本的には上記いずれかに分類されます。生命保険は、実はとってもシンプルなのです。

3つの保険の特徴

定期保険

保障される期間が定まっている保険です。一般的には解約返戻率も低く貯蓄性はありません。いわゆる掛け捨てと呼ばれるものとなります。(長期定期など一部を除きます)

養老保険

死亡保険金額と満期受取額が同額の保険です。つまり、保障期間中に死亡しても、満期が到来しても保険金または満期金を受取ることができます。満期後の保障はありません。

終身保険

身が終わるまで続く保険です。つまり、100歳でも150歳でも、死亡年齢に関係なく保険金が支払われます。

貯蓄性が高い養老保険や終身保険は、定期保険よりも保険料が高くなります。

どれを選べば良い?

一般的にはいずれのタイプも保険金額を大きくすればするほど、支払う保険料も高くなります。

保険金額と保障期間、そして自分の保険料支払い能力とのバランスを考えながら、定期・養老・終身いずれが自分に合っている保険なのかを考えましょう。

保険料、特約の充実度合い、解約した場合の返戻率などが保険会社によって異なります。自分が必要としている保険はいったいどの保険会社の、どの商品なのかを根気よく比較しましょう。一社の保険会社にとらわれず、自分に合っているのであれば複数の保険会社の商品を組み合わせるということも検討しましょう。

本記事内で紹介している内容は、2013年1月時点での情報を元に作成しております。法令その他の変更により内容に不備が発生している場合があります。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。