\ フォローしてね /

「経済的に苦しいから保険に加入しない」は大まちがい!

保険料の支払いが大変だったら、保険に加入しなくてもいいの?いいえ、経済的に苦しいからこそ保険が必要なのではありませんか。

本記事は、エグゼクティブのご協力により、2013年に執筆されたものです。

万が一のことがあったら・・・

あなたがシングルマザーで小さな子どもを働きながら育てていて、時間的にも経済的にも決して余裕があるとは言えない状況だと仮定しましょう。

そのあなたに万が一のこと(死亡を意味します)が起きてしまったら、残された子供達にとっては唯一の頼れる存在がいなくなり、精神的に不安になってしまいます。

そして、あなたが保険料負担がきついという理由から、もし何の保険にも入ってなかったとすれば、残された子どもたちは心細い上に経済的根拠も無い状況で生活しなければなりません。

このような状況は想像するだけでも不憫ではありませんか?

保険は遺族の経済的基盤

きちんと設計された保険に加入していれば、経済的基盤は保障されることでしょう。子どもたちの生活費や教育費が確保されていれば、どれほどまでに子どもたちが救われることか。

残される人がどうなってしまうかという事について、想像力をしっかりと働かせ、自分に経済的に依存している人たちの為に必要な保障をきちんと計算し、本当の意味で安心を得られる保険選びをしましょう。

本記事内で紹介している内容は、2013年1月時点での情報を元に作成しております。法令その他の変更により内容に不備が発生している場合があります。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。