1. 料理
    2. 食材をゆでる時の調味料の組み合わせ方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    食材をゆでる時の調味料の組み合わせ方

    食材をゆでる時、塩を入れることはよくありますよね。しかし、食材によっては塩以外のものを入れることで、あくやえぐ味を抜いたり漂白したりすることがあります。

    ここでは、その食材と、その食材をゆでる時に入れるものの組み合わせを紹介します。

    たけのこ、大根、里芋

    • 米ぬか(ゆで水の10%)
    • 赤唐辛子(少量)

    この3つの根菜はあくが強いので、米ぬかにあくを吸着させます。赤唐辛子は、ぬか臭さや根菜のえぐ味を取ってくれます。

    山菜(わらび、ぜんまい)

    • 重曹(山菜の重量の0.3%)

    山菜はあくが強いので、アルカリ性である重曹で、繊維をやわらかくしてあくを溶け出しやすくします。鮮やかな緑色にする色出し効果もあります。

    れんこん、ごぼう、うど

    • 食酢(ゆで水の5%)

    これらに含まれるあくの成分は、空気中では褐変し酸性では白色を保つので、白く仕上げるために酢を入れます。酸味が気になる場合は、ゆでた後水にさらすといいでしょう。

    さいごに

    ぜひ参考にしてみてくださいね。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人