1. コミュニケーション
    2. 片手でのお手玉の遊び方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    片手でのお手玉の遊び方

    昔、著者が祖母とよくやっていた、お手玉二個を片手で投げる遊び方をご紹介します。

    用意するもの

    • お手玉2つ

    遊び方

    STEP1:お手玉を手のひらにのせる

    片手にお手玉を2つ持ちます。

    STEP2:ひとつ投げる

    1つを空中に投げます。

    指先を使って投げ、もう一つは親指で押さえておくとうまくいきます。

    STEP3:ふたつめを投げる

    投げたお手玉が落ちてこないうちに、もう片方を投げます。

    投げた玉が、真上に行き落ちてくる瞬間に投げます。

    STEP4:キャッチする

    落ちてきたお手玉をキャッチします。

    STEP5:落ちてこないうちにもうひとつを投げる

    投げたお手玉が落ちてこないうちに、キャッチしたお手玉を空中に投げます。以下、繰り返します。

    遊び方のポイント

    指先を使って投げるとやりやすいです。手の真上を狙い、一定の位置、一定の高さに投げると長く続けられます。

    おわりに

    始めは難しく感じますが、コツを掴めば左でも出来るようになります。左ができるようになったら、両手で同時のお手玉にもチャレンジしてみてください。

    できると周りの人が「すごい!」と驚きますよ。

    ぜひお試しください。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人