\ フォローしてね /

洗濯ネットを使用した基本的な洗濯方法

洗濯する際に、衣類によってはそのまま洗濯機に入れるよりも、洗濯ネットに入れてから洗濯をおこなったほうがいいことをご存じでしょうか。

著者がおこなっている、洗濯ネットを使用した洗濯方法をご説明いたします。

洗濯ネットのメリット

  • 洗濯ネットは、洗濯時のもみ作用や衣類同士のスレから衣類を守る。
  • 衣類同士がからまるのを防ぐ。
  • ボタンや飾りを守る。
  • ホックなどの引っかかりを防ぐ。
  • 型崩れなどを防止する。
  • 糸くずやゴミなどの付着を防ぐ。
  • 色移りを防ぐなどの効果がある。

洗濯ネットを使用した洗濯方法

STEP1: 洗濯ネットに入れる衣類の見極め

洗濯ネットに入れる衣類を見極めます。

ビーズやラメなど装飾品がついている衣類は、裏返しにし、ネットに入れます。

ストッキングやタイツは、ひっかかると伝線してしまうので、必ずネットを使用してます。他の衣類との絡まり防止になります。

その他、ネットに入れた方がいい衣類

  • ニットなどや型崩れしやすい衣類
  • ヒモ付の衣類など他の衣類と絡まる衣類
  • 濃色の衣類(色移り防止)
  • 女性用のランジェリー

STEP2: ネットに入れる

ネットにはいろいろなサイズと種類があります。

衣類にあったサイズのネットを使用するといいです。大きめの衣類は畳んで入れますが、畳むときに汚れやシミがある場合は、汚れの面が表側にくるように畳んでください。

女性用のランジェリーは、上下別々にしてネットに入れます。またホックは留めてから入れてください。引っかけ防止になります。型崩れ防止に、ランジェリー用のネットをあります。

STEP3: 洗濯機に入れる

衣類を入れたネットを洗濯機にいれます。その他の衣類と一緒に洗濯してしまって大丈夫です。

STEP4: 洗剤、柔軟剤のセット

洗剤と柔軟剤を洗濯機所定の場所にセットします。洗剤と柔軟剤の量は、商品に必ず規定量についての記載がありますので、指示に従って入れてください。

STEP5: 洗濯コース選択してスタート

洗濯機のスイッチを入れ、洗濯コースを選択します。著者が使用している洗濯機には乾燥機能がついているのですが、ネットを使用したような衣類を洗濯する際は、乾燥は行いません。

洗濯のみの自動コースを選択しています。スタートボタンを押して選択開始です。

ネット使用時の気を付けること

  • ファスナーやホックは閉じてから入れましょう。
  • 濃い色の衣類、装飾品など飾りのある衣類、プリントがある衣類などは、裏返しにしてネットに入れましょう。
  • シミや汚れの部分が外側になるようにたたんで洗濯ネットに入れましょう。
  • ネットを使用する場合はどうしても、汚れの落ちが悪くなりますので、詰め過ぎないようにしてください。

おわりに

洗濯ネットを使用することで、大切な衣類を傷みから守ってくれとても便利な方法ですね。上手に使って普段の洗濯の活用してください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。