\ フォローしてね /

アスパラガスの食感を生かした3種類の切り方

このライフレシピのもくじたたむ

アスパラガスは、綺麗な形を生かして、そのまま焼いたり茹でたりして味わうイメージですが、切り方を変えることで、食感が変わり、他の食材との相性もよくなり、また別の美味しさを楽しむことができます。

下準備

根本を切り落とし、根本部分の硬い部分の皮をピーラーで薄く剥きます。

穂先下の少し飛び出たハカマの部分をピーラーで取り除きます。

切り方3種

1.横から順に切る

繊維を断ちきり、横から順に切っていきます。もっともポピュラーな方法ですね。切る幅によっても、食感が変わります。

  • 大きめに切る(半分~4等分)

焼いたり茹でたりと、アスパラガスそのものを味わう調理に向いています。穂先を出して薄切り肉などを巻きつけても彩りよく仕上がります。ポイントは、軸が太めの物を選ぶこと。中身のジューシーさが違います!

  • 細かく輪切りにする

コリッとした食感が美味しい切り方で、炒め物に向いています。あまり火を通しすぎないことがポイントです。ご飯と共にバターで炒めた、アスパラガスご飯は美味です。

2.斜めに切る

繊維に沿うようにしつつ、斜めに切ります。

シャキッっとした食感で、断面積が多いので、他の食材との味の馴染みもよく炒め物に向いています。あえて、火を良く通してくったりさせても、また違った美味しさを楽しめます。

スパゲティーに入れる際は、この切り方にするとソースが良く絡み美味しさがUPしお勧めです。

3.縦半分に切る

繊維に沿って、縦半分に切ります。

内側の断面が柔らかく、火の通りやすい切り方です。少し柔らかでジューシーな瑞々しさを味わえます。オランデーズソース等洋風ソースとの相性ピッタリです。断面から美味しさが湯に出てしまうので茹でるより焼く方が向いています。

縦半分に切った後、さらに1、2のように切ると、また少し違った食感となります。アスパラは太さ等個体差が大きいので、組み合わせにより様々楽しめます。

おわりに

アスパラガスは、淡い緑が鮮やかで食卓の彩りが華やかになる食材のひとつだと感じています。切り方を変えるだけで、バリエーションが広がり、食べる楽しみも増えると思います!ぜひ、色々な食感の違いをお試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。