1. 料理
    2. オートミール入りで手軽に!ミネストローネ風トマトスープの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    オートミール入りで手軽に!ミネストローネ風トマトスープの作り方

    オートミールを入れることで手軽にボリュームのある一皿に!ミネストローネ風トマトスープの作り方をご紹介します。

    材料(1~2人分)

    • トマト缶・・・1缶の半量(200g)
    • 水・・・200cc(使うトマト缶と同量)
    • オートミール・・・20g
    • 玉ねぎ・・・半個
    • ソーセージ・・・3本
    • オリーブオイル・・・大さじ1
    • 粉チーズ・・・適宜
    • パセリ・・・適宜
    • 塩胡椒・・・適宜
    1回で食べきれる分量にするため、敢えてトマト缶の半量で計算しています。人数に合わせ、1缶で使い切る分量にしても良いでしょう。オートミールと水分量の割合は1:10が適量です。入れすぎるとお粥状になります。他の具材等は、お好みで調整してOKです。

    作り方(調理時間:約20分)

    STEP1:材料を切る

    玉ねぎはみじん切りにし、ソーセージは小さめの(1cm前後の)小口切りにします。

    STEP2:材料を鍋に入れる

    火を付ける前の鍋に、切った玉ねぎとソーセージを入れます。

    STEP3:材料を炒める

    火を中火~弱火にし、玉ねぎとソーセージを炒めます。

    常に木べら等で混ぜ、焦げ付かないように注意しながら、ソーセージから油が充分出て、玉ねぎが透き通るまで炒めます。所要時間の目安は約10分程度です。

    STEP4:トマト缶を入れる

    トマト缶1缶の半量(今回の材料として全量)を入れ、沸騰するまで煮詰めます。所要時間の目安は約3分程度です。

    STEP5:水とオートミールを入れる

    分量のトマト缶と同量の水を入れた後、すぐにオートミールを入れ、沸騰するまで火を通します。所要時間の目安は約3分です。

    あまり沸騰させ過ぎず、オートミールに火を通しすぎないことがポイントです。

    完成!

    粉チーズとパセリ、塩胡椒をお好みで振って完成です。

    オートミールは時間と共に、水分を吸いやすいので食感風味等が変わりやすいです。出来上がったら、熱々の内に召し上がることをお勧めします。

    おわりに

    ミネストローネとは、イタリア語で「具沢山」という意味であるように、具材を沢山揃えて、準備して...というイメージですが、オートミールを使うことで手軽に具沢山スープのような食べ応えになり、お勧めです。今回は、具材を出汁のでるソーセージと玉ねぎに絞り、最小限の材料でコクのある味に仕上げました。ぜひ、一度お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人