1. 料理
    2. ツナマヨロールのカレイ刺身巻きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ツナマヨロールのカレイ刺身巻きの作り方

    カレイのお刺身を使って、チョッピリお洒落な巻き物の作り方を紹介します。

    カレイのお刺身をいただいたのですが、家族で食べるには量が少なかったので、海苔の代わりにカレイで包みこむ巻き物を作りました。巻き物の中にはツナマヨを入れ、仕上げにはキュウリとレモンで飾り仕上げました。

    お子様にも喜んでいただけますし、お酒を飲みながらも美味しくいただけますし、おもてなしにもおすすめです!

    材料(4~5人分)

    酢飯

    • 白いご飯・・・1合
    • すし酢・・・大さじ2

    ツナマヨ

    • ツナの缶詰・・・1缶
    • マヨネーズ・・・大さじ2
    • 塩コショウ・・・少々
    • 醤油・・・2~3滴

    具材

    • カレイの刺身・・・半身
    • キュウリ・・・1本
    • レモンの輪切り・・・2枚

    道具

    • サランラップ

    作り方(調理時間:30~60分)

    STEP1:酢飯を作る

    温かいご飯を用意してすし酢を回しかけたら、切るように混ぜ合わせます。うちわ等で、あおいで粗熱をとります。

    冷たいご飯だと酢が染みこまないので、冷ご飯のときは必ずレンジで加熱するなどしましょう。

    STEP2:ツナマヨを作る

    ツナは缶から器にあけ、オイルを切った後塩コショウとマヨネーズで味つけします。

    ここでキュウリを用意します。キュウリは10枚ほど斜め薄切りにし、残りは縦に4等分にします。

    STEP3:カレイを切る

    刺身用カレイは斜め薄切りにします。

    STEP4:巻く

    大きめなラップを用意し、3等分した酢飯をのせて平らにし、真ん中よりやや下のほうにSTEP2の縦に4等分等分したキュウリをのせます。

    STEP5:ツナをのせる

    STEP4の上に3等分したツナをのせます。

    ラップの下の部分を持ち、気持ち中に酢飯を織り込むような感じで向こう側のご飯めがけてくるっと巻きます。

    巻き終えたら、そっとラップをはがします。

    STEP6:カレイを乗せる

    STEP5の上に薄切りにしたカレイの刺身とSTEP2のキュウリを交互にのせます。のせ終えたら再びラップで包み形を整えます。

    STEP7:切る

    まな板の上にのせ、ラップのまま少し濡らした包丁で切ります。切り終えたら、そっとラップをはがします。

    STEP8:完成!

    STEP7を器に盛り、寿司の上に小さめに切ったレモンをのせます。

    上手に作るためのポイント

    海苔巻きビギナーの方は、巻くということがすごい大変だと思います。ラップの上に酢飯・キュウリ・ツナを乗せたあとは、躊躇せず勢いよく上のご飯むけて巻きあげることが、成功の秘訣だと思います。

    さいごに

    このレシピが思い浮かんだとき、想像しただけで絶対美味しい!と思いながら作って食べてみるとやっぱり美味しかったです。

    海苔巻きが苦手な筆者にもなんとかクリアできましたので、海苔巻き未経験の方にもチャレンジしていただきたいです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人