1. 料理
    2. ひな祭り用!牛乳パックでひし形押し寿司の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひな祭り用!牛乳パックでひし形押し寿司の作り方

    ひな祭りのパーティー用にお勧めしたい、ひし形の押し寿司の作り方を紹介します。うちにはひし型がないのよね~というお悩みは解消!簡単に牛乳パックで作れちゃいます。

    ここではひな祭り用!牛乳パックでひし形押し寿司の作り方を紹介します。

    材料(4人分)

    酢飯

    • 白いご飯・・・2合
    • すし酢・・・大さじ4

    具材

    • 鮭フレーク
    • カイワレ大根・・・1/2パック
    • 〔A〕卵・・・1個
    • 〔A〕砂糖・・・小さじ1
    • 〔A〕塩・・・1つまみ
    • サラダ油・・・小さじ1
    • プチトマト・・・適量
    • 刻み海苔・・・適量

    作り方(調理時間:60分)

    STEP1:型を作る

    牛乳パックは綺麗に洗って干し、長さ5cmに切ります。パックを動かてひし形になるように形を整えます。

    パックの上から5mmほどはみ出るくらいの大きさにラップを切り、底の部分がピーンと張るようにサランラップをひきます。

    STEP2:酢飯を作る

    温かいご飯を用意し、すし酢を回しかけたら、切るように混ぜ合わせます。うちわ等で、あおいで粗熱をとります。

    冷たいご飯だと酢が染みこまないので、冷ご飯のときは必ずレンジで加熱するなどしましょう。

    STEP3:卵を焼く

    〔A〕の材料をボウルに合わせ、フライパンで焼きます。粗熱がとれたら、細切りにしましょう。

    STEP4:型に酢飯を詰める

    STEP1の中にSTEP2の酢飯を厚さ1.5~2cmくらいの高さになるように入れます。カレースプーン等を使ってギュッと押します。その上にSTEP3の錦糸卵をのせましょう。

    STEP5:重ねる

    STEP4の上にさらにご飯をのせギュッと押します。

    STEP6:カイワレ大根をのせる

    STEP5に3等分したカイワレ大根をのせ、さらに酢飯をのせギュッとのせます。

    STEP7:形を整える

    STEP6の酢飯をスプーンで平らにしたら、はみ出していたラップで包んで仕上げに指やスプーンでギュッと数回押します。

    STEP8:トッピングをのせる

    STEP7をパックから取り出し、ラップをほどき、カイワレ大根を挟んだ部分が下向きに来るように器にのせ、真ん中あたりに鮭フレークをのせます。

    STEP9:完成!

    器に盛り付け、刻み海苔とプチトマトを飾ります。完成です!

    上手に作るためのポイント

    酢飯を詰めるとき注意したいポイントは、酢飯の量を一定にしないと綺麗な層が出来ないので酢飯の量を決めて詰めると失敗しません。

    酢飯を押すとき、力が弱すぎると崩れてしまう場合がありますので、ギュッと力を入れてスプーン等で押しましょう。

    さいごに

    牛乳のパックを使って押し寿司が出来るか不安でしたが、想像していたよりも牛乳パックがしっかりしていたので、力を入れて押しても壊れることなく作ることができました!

    ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人