\ フォローしてね /

空想の指輪で結婚を引き寄せる!「願掛け」の方法【体験談】

どこかで聞いた「結婚できるためのおまじない」のようなものを気軽な気持ちで試したら、当時つきあっていた彼とトントン拍子に結婚することになりました。ご紹介しますので試してみてください。

「左手の薬指には、すでに指輪がある」

思いのパワー」を使うタイプのおまじないなので、用意するものはありません。

STEP1:自分の左手の薬指を見つめる

自分の左手の薬指を見つめます。結婚していないのなら、当然、そこに結婚指輪はありませんよね。

STEP2:暗示をかける

「左手の薬指には、もうすでに結婚指輪がある。私はすでに幸せな結婚を手に入れている」と、自分に暗示をかけます。最初は、想像するのが難しいかもしれませんが、次第になんとかできるようになります。

このとき大切なことは、短時間でも本当に幸せな気分に浸るということです。

STEP3:とにかく毎日、続けてみる

STEP1とSTEP2を毎晩、寝る前などの決まった時間に繰り返します。できれば思いがかなうまで、繰り返します。

しばらくすると、「私は必ず幸せな結婚ができるのだ」という、根拠のない自信がわいてきます。そして、そのように明るく幸せにふるまっていると、結婚運が自然に上がってくるものです。当然といえば当然かも知れません。

ただし、あまり真剣に思いつめないように。執念の思いは、重たくて、逆効果です。

筆者のケース

この「願掛け」を知ってから、毎晩、薬指にすでに指輪をはめていると想像していたら、本当に結婚が近づいてくるような気がしました。妄想のようで今思うと笑ってしまいますが、1~2ヶ月くらい続けたと思います。

そのうち、薬指に指輪を思い浮かべることが習慣になって行きました。しだいに「最近きれいになった」「前よりなんだか幸せそう」と周囲に言われるようになりました。

彼との交際が順調だったからなのか、「空想の指輪」のおかげでだったのか良くわからないのですが、彼とは付き合って半年で結婚することが決まり、その半年後には、花嫁になっていました

おわりに

将来を明るく思うこと、良いことを想像して自信を付けること、悪いことを想像するより、楽しいことを思い浮かべる方が、きれいになれるものです。この「空想の指輪」のおまじないは、そんなことを教えてくれたようにも思います。

これは「良いことを想って、実現する」ための1つの手段です。そして何事も、練習と継続が大切ですよ。興味がおありでしたら、気軽に試してみてくださいね。成功を心よりお祈りしています。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。