1. 料理
    2. 青菜の煮浸しの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    青菜の煮浸しの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    今回はべんり菜という小松菜とチンゲン菜をかけあわせて作られた青菜を使って煮浸しを作る方法をご紹介します。

    アクの少ない小松菜などの青菜であれば、作り方は同様です。

    用意するもの

    • 青菜:150g程度
    • 和風だしの素:大さじ1
    • 薄口しょうゆ:小さじ2
    • 砂糖:小さじ2

    煮浸しの方法

    STEP1:だし汁を煮立てる

    水カップ1、和風だしの素、砂糖、しょうゆを鍋に入れ、強めの中火にかけ煮立てます。

    STEP2:青菜を入れる

    だし汁が煮立ったら青菜を軸に近いほうから入れていきます。軸側がしんなりしたら、葉の部分を入れて、こちらもしんなりしたら火を止めてください。

    青菜の種類によって軸の太さが違うので、しんなりするまでの時間は異なります。目で見てわからなければ、食べて確かめてみるといいですよ。

    STEP3:火を止めて冷ます

    火を止めたらそのまま冷まし、味をしみさせます。

    煮物の味は冷めていくときにしみていきます。

    STEP4:完成!

    器に移して完成です。

    おわりに

    煮浸しで大事なことは決してコトコト煮込まないことです。野菜の色や食感を残すためにさっと火を入れて、冷ますことで味を含ませるのです。

    今回はシンプルに青菜だけで煮浸しを作りましたが、油抜きした油揚げやちくわなどを加えても大変美味しく仕上がります。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人