1. 趣味
    2. 妊娠中、育児中にもGOODな腰のストレッチ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    妊娠中、育児中にもGOODな腰のストレッチ方法

    体の中心部分にある「腰」は一度痛めてしまうと生活に大きな打撃を与えてしまいます。そうならないためにも、ちょっと疲れを感じたらこまめにケアすることが大切です。

    この記事では腰のストレッチ方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 動きやすい服装(パジャマでも可)

    腰のストレッチ方法(1)

    STEP1:両膝を抱え、前後に体を揺らす

    仰向けになり、両膝を両手で抱えます。その状態で体を前後にユラユラと揺らします。これを2~3秒間続けます。

    腰のストレッチ方法(2)

    STEP1:仰向けになり、両膝を立てる

    仰向けになり、両膝を立てます。両手は肩の高さで左右に広げます。

    両膝、両足は揃えるようにしましょう。

    STEP2:両膝を右に、顔は左へ向ける

    ゆっくりと息を吐きながら、揃えた両膝は右へ、顔は左へと向けます。痛気持ちいいと感じるところで止め、この状態を10秒間キープします。

    両膝、両足は離れないように気をつけましょう。
    反対側も同様に行います。これをくり返し2~3回行いましょう。

    おわりに

    行うタイミングはお風呂上がり、もしくは就寝前がオススメです。

    筆者は重い荷物を長時間持ったときや同じ姿勢が続いたときなど「腰がつかれたなぁ」と感じた日の夜に行うようにしています。

    特に腰に負担をかけやすいといわれる妊娠中にも行なっていましたが、ストレッチし忘れた日に比べて腰が軽いように感じました。育児中の今でも、気がついたときに行うようにしています。

    腰の疲れを蓄積してしまう前に!こまめなケアをオススメします。

    (image by 筆者)
    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人