1. 料理
    2. できるだけ手を触れないで作る鶏レバーの生姜煮の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    できるだけ手を触れないで作る鶏レバーの生姜煮の作り方

    貧血予防に食べた方がいいのはわかっている、でも、調理するときのレバーの感触が苦手。そんな筆者のような方はいませんか?

    そこで、出来るだけ手を触れずに、下処理をして作るレバーの生姜煮の作り方を紹介します。

    材料(4人分)

    • 鶏レバー 300グラム
    • 生姜   一かけ
    • 日本酒  大さじ4
    • しょうゆ  大さじ3
    • みりん   大さじ2

    鶏レバーの生姜煮の作り方

    STEP1:生姜を切る

    生姜を、皮を剥いて千切りにします。

    STEP2:レバーの血を抜く

    ボウルにたっぷりの水と鶏レバーを入れ、10分ほど浸けて、血をぬきます。

    STEP3:下茹でをする

    沸騰したお湯に入れ、5分くらい下茹でします。

    STEP4:あくを流す

    水を入れたボウルに取り出します。あくが絡んでいるので、2~3回水を換えて、洗い流します。

    STEP5:食べやすく切る

    レバーを心臓の部分と肝臓の部分とに分け、一口大に切ります。

    中の血管に血が残っている場合があるので、心臓は半分に切って確かめます。

    STEP6:火にかける

    鍋に、レバー、生姜、すべてを合わせた調味料を入れ、弱めの中火にかけます。

    STEP7:炊く

    ときどき上下を返しながら、15分ほど炊きます。

    完成

    あら熱がとれたら、器に盛って、完成です。

    おわりに

    下処理の仕方はこちらでも紹介していますので、参考にしてみてください。
    http://nanapi.jp/62180/

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人