\ フォローしてね /

オールドファッション風ドーナツの作り方

ふわふわのドーナツもおいしいですが、周りがカリッとしているドーナツもおいしいですよね。今回は周りがカリッとしていて中がサクサクしているオールドファッション風のドーナツを作ってみました。

材料(小さめのドーナツ8個+その他9個分)

  • 薄力粉:150g
  • 強力粉:30g
  • ベーキングパウダー:小さじ1
  • バター:25g
  • グラニュ糖:70g
  • 卵:1つ
  • 牛乳:大さじ1弱
グラニュ糖70gは、けっこう甘めのドーナツの設定です。もう少し甘さを抑えたい場合にはもう少しグラニュ糖を少なくして下さい。

作り方(調理時間:50分)

STEP1:バターと砂糖を混ぜる

バターを800wのレンジで20秒ほど温め、そこにグラニュ糖を入れ、下の写真のようになるまで泡立て器で混ぜます。

STEP2:卵を混ぜる

溶いた卵を入れ、下の写真のようになるまで、泡立て器で混ぜます。

STEP3:粉、牛乳を入れて混ぜる

薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーを入れて混ぜます。混ざりが悪くなってきたら牛乳を少しずつ入れながら混ぜます。

よくレシピ本などで、粉はふるって入れた方が良いと書かれていますが、筆者はふるっていません。

泡立て器だと混ざらなくなってきたらヘラに持ち替えて混ぜます。

STEP4:成形して冷蔵庫に

ある程度まとまったら手で成形してラップの上に置き、全体をラップして30分ほど冷蔵庫で寝かします。

STEP5:麺棒などで伸ばす

台に打ち粉をして(強力粉:分量外)生地を置き、麺棒などで均等な厚さに伸ばします。

厚さはだいたい10mm弱ぐらいです。

STEP6:ドーナツの形にくり抜く

ドーナツの形にくりぬきます。くりぬいたなら、片面だけ爪楊枝などで線を入れておきます(写真下)。上記写真の左側がくりぬいたもの、右側が余った生地を成形したものです。

ドーナツをくりぬく器具がない場合は缶とペットボトルのフタなどを利用するといいでしょう。筆者はコップとペットボトルのフタを利用しました。
くりぬいて余った生地同士はひっつけて再度くりぬいてもいいのですが、打ち粉がついている生地はまとまりにくいので、丸めたり伸ばしたりして利用した方が揚げている間に崩れづらいです。

STEP7:油で揚げる

160℃ぐらいの油に爪楊枝で傷を付けた側を下にして入れます。

1分〜1分半ぐらいで裏返します。

裏側の色を見てきつね色になったくらいが目安です。

完成

さらに1分ちょっと揚げ、反対の面もきつね色になったら油からあげて油を切っておいて完成です。

上手に作るためのポイント

生地を油に落とすと最初は沈みますが5〜10秒ぐらいで浮いてきます。浮いてきた時に円の中側に菜箸などを入れくるくるとフラフープの様に回しながら揚げるとキレイな円ができます。

全てのドーナツをそれぞれ3〜5回ぐらい回し、それを2回ほど繰り返せばキレイなドーナツができます。

さいごに

いかがでしたか?ぜひお試しください!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。