\ フォローしてね /

子どもの成長記録にも!チェキの今どき活用法

昔流行ったインスタントカメラ。最近ではなかなかお目にかかれませんが、すぐに写真ができて、メッセージを書き込めて・・・デジカメでは味わえないメリットが結構多かったりします。

娘が生まれてから我が家ではさらに大活躍。チェキは手放せません。

その利用方法ご紹介します。

その1:子供の成長記録/育児ダイアリーに

赤ちゃんの成長は1日、そして1週間単位で変わってきます。体重がどれだけ増えたか、いつから首がすわったか、寝返りをうったかなどなど・・・記録として残しておきたいことは山ほどあります。

そんなとき、デジカメで撮っても撮りっぱなしで終わってしまうもの。その点、チェキは写真がでてきたと同時に日にちや体重、何ができたかなど、成長記録を即座に書き込むことができます。

チェキをアルバムに貼ったり、ノートに貼って育児ダイアリーにしたり、用途はさまざま。

離乳食の写真を撮って、どの時期に何が食べられるようになったか、何を食べさせたかなど、食事管理にも役立ちます。

その2:家族のお祝いごとに

我が家では、両親の誕生日に家族の写真を1人ずつチェキで撮り、メッセージを書いてアルバムにまとめて贈っています。大勢の写真を載せることで家族の絆がより一層深まり、贈られる側もメッセージを読んで毎回喜んでくれます。

特に成長が著しい孫の写真を毎回見るのが楽しみのようです。長寿のお祝い、食事の席でお花と一緒にアルバムを贈っても素敵ですね。

その3:その他いろいろなシーンに・・・

インスタントカメラは、家族以外にもいろいろなシーンで活用できます。

たとえば、退職祝いのメッセージアルバムとして、同じ部署の仲間で写真を撮り合いメッセージを添えて贈ると喜ばれます。

また、結婚式の2次会でも頻繁に登場しますね。参加者一人ひとりの写真を入り口で撮ってメッセージを書いてもらい、最後に新郎新婦にアルバムにいれて贈るといったものです。

インスタントカメラの機能ならではの贈り物ですね。

おわりに

デジカメが主流の世の中ですが、写真が徐々に浮き上がってくるインスタントカメラのワクワク感も忘れたくないものですよね。

我が家にはデジカメ、一眼レフなどいろいろなカメラがありますが、撮ることで満足してしまい、ついついデータがたまってしまいます。

一方、インスタントカメラはその場で撮影&現像できるので、記録してファイリングして成長記録を上手に作っていくのに大いに役立ちます。

ぜひ試してみてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。