\ フォローしてね /

ルクルーゼで揚げ物料理!納豆餃子包み揚げの作り方

ルクルーゼは鍋の厚みがあるため保温性に優れており、油の温度を一定に保つことがポイントの揚げ物に最適の鍋です。

今回は、カリッと揚げた納豆餃子の包み揚げの作り方をご紹介します。

材料(10個分)

  • 餃子の皮・・・10枚
  • 納豆・・・2パック
  • 揚げ油・・・適宜
  • 水・・・適宜(餃子の皮を包む時に使用)

作り方(調理時間:約10分)

STEP1: 餃子の皮に納豆を包む

餃子の皮の真ん中に納豆を入れ、皮の縁を水で濡らした手でなぞるように水分を付けて、半分に折るような形で半月状に包みます。

餃子の皮一枚につき、納豆パック1/5程度が良いバランスで包めますが、お好みで調整してください。

STEP2: 油で揚げる

油を約170℃程度に熱し、包んだ餃子の皮を入れて、中火~弱火に加減をしながら、両面にこんがり焼き色をつけるように揚げます。所要時間の目安は約5分程度です。

油の温度は、調理用の温度計等を利用すると便利です。

完成!

よく油を切って、盛りつけたら完成です。

今回は、直径26cmのビュッフェキャセロールを使用しています。

おわりに

ルクルーゼの鍋といえば、煮込み料理が定番ですが、揚げ物にも適しています。ビュッフェキャセロールは浅めで径が広いので、とても揚げやすい形で重宝しています。もちろん、ココットロンドでも同様に活用できます。お持ちの方は、ぜひ一度ためしてみては、いかがでしょうか。宝の持ち腐れにならないように、気軽に日々の献立作りに活躍させたいですね!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。