\ フォローしてね /

朝晩二回で疲れを取る!太もものストレッチ法

今回は、太ももの裏側を伸ばすストレッチ方法をご紹介します。普段なかなか伸ばす機会のない箇所なので、とてもスッキリしますよ。

ストレッチをするタイミング

朝起きた時と夜寝る前に行うのがよいでしょう。1日2回が目安です。

やり方

STEP1:膝を立て、仰向けに寝る

膝を立て、仰向けに寝ます。

STEP2:片足を、もう片方の足に乗せる

胡坐をかくように、片足をもう一方の膝の上に乗せます。

STEP3:太ももを持ち、伸ばす

膝を立てている側の太もも(画像の黄色く塗った部分)を両手で持ち、そのまま後ろに倒れるようにしてゆっくり太ももを伸ばします。

足を強く引っ張ったり、勢いを付けて後ろに倒れたりせずに、筋肉が伸びていく様子を意識しながらゆるやかに伸ばしてください。
足を組み替えて、両足を均等に行ってください。

注意点

股関節が固い人はSTEP2~3の姿勢が難しい場合もあるかもしれません。無理の無い範囲で行ってください。

どれくらいの効果を感じているか

著者はデスクワークの際に長時間足を組んで座ってしまうことが多く、太ももの裏側からお尻にかけての筋肉がパンパンに張ってしまうことがよくあるのですが、このストレッチを行うと凝っていた筋が伸ばされ、足の疲れが改善される気がします。

おわりに

太ももからお尻、腰の筋肉まで伸ばすことができるので、腰回りの筋肉が疲れやすい方にもおすすめです。

(photo by amanaimages)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。