1. 料理
    2. 赤ワインに合うおつまみ「しめじの生クリームソース・マスタード風味」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    赤ワインに合うおつまみ「しめじの生クリームソース・マスタード風味」の作り方

    筆者は以前このレシピを、茹でたパスタを加えて食事として作っていましたが、おつまみになるように改良したのがこのレシピです。

    赤ワインの渋みに合うように、マスタードの酸味がただよう辛味を加えたのがミソです。

    材料(1人分)

    • しめじ 50g
    • にんにく 1/2かけ
    • パセリ 少々
    • 生クリーム 20cc
    • 粒マスタード 小さじ1/2
    • バター 小さじ1/2
    • オリーブオイル 大さじ1/2
    • 酒(あれば白ワイン) 大さじ1/2
    • 塩・こしょう 少々

    作り方(調理時間:7分)

    STEP1:材料を切る

    しめじは、石づきを落とし、小房に分け、長いものや大きいものは指で割きます。

    パセリは、みじん切りにします。にんにくは、皮を剥いて、包丁の平たい部分とまな板の間に挟んでつぶします。

    しめじは、包丁を使うより、指で割いた方が香りが立ちます。

    STEP2:にんにくをオリーブオイルで炒める

    フライパンに、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけます。

    にんにくがキツネ色になり、香りがオリーブオイルにうつったら、フライパンから取り出します。

    にんにくは香りづけのために使っているので食べません。

    STEP3:しめじを炒める

    フライパンに、しめじとバターを入れ、強火で炒めます。塩・こしょうをふります。

    しめじは、火が通りやすいですし、つぎに生クリームで煮るので、20~30秒ほどでOKです。

    STEP4:生クリームで煮る

    生クリームを入れたら、すぐ弱火にします。酒・粒マスタードを入れます。

    酒を入れることで、生クリームの重さが中和されます。

    盛りつけて完成!

    全体を掻き回しながら、生クリームがブクブク沸いてきたら出来上がりです。皿に盛りつけ、パセリを散らします。

    上手に作るためのポイント

    生クリームは煮詰まりやすいので、入れてからは手早く調理するのが、ポイントです。

    生クリームが緩いようなら、火加減を強くし、煮詰めてください。

    さいごに

    生クリームとマスタードの取り合わせは結構イケます。お酒向けの味になるので、ぜひお試しください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人