\ フォローしてね /

ハワイ島でコナ・コーヒーの自家焙煎を楽しむ方法

ハワイと言えばコナ・コーヒー

ハワイ島はコナ地区で栽培される「コナ・コーヒー」。柔らかな酸味とすっきりした味わいが特徴で、世界中で親しまれているコーヒーです。そんなコナ・コーヒーはハワイ土産としては非常にポピュラーですが、実際にコーヒー農園を見学し、自分で焙煎体験まで出来る事をご存知でしたか?

自分で出来る、コナ・コーヒーの焙煎ツアー

ハワイ島には多くのコーヒーファームがあり、それぞれが色々なツアーを設けています。日本で有名なところですと、UCCのハワイコナ直営農園などがあります。

ツアーは英語の物が多いですが、日本語でガイドしてくれるところもあります。今回は、筆者が訪れたMountain Thunder Coffee Plantation(以下、マウンテンサンダー)でのコーヒー焙煎ツアー(日本語ガイド)をご紹介したいと思います。

マウンテンサンダーはこんなところ

マウンテンサンダーは、ハワイ島はコナ・コーストのカロコにあるコーヒーファームです。通常、コナコーヒーは標高300~800mのところで育てるのが一般的なのですが、マウンテンサンダーは標高1000mを超えるところで栽培をしています。

標高の高いところで、美味しいコーヒーは育たないという常識を打ち破り、毎年様々な賞を受賞。今やハワイ州で最大級の、オーガニックコーヒーファームになっています。

まずはコーヒーで一息。その後ファームを見学

到着すると、まず農園のコーヒーを飲ませてくれます。酸味や雑味がなくスッキリとした味わいです。

アヒルや猫もお出迎えしてくれます。農園には動物が沢山います。

コナ・コーヒーの木に触れます。筆者が行ったときは、ちょうど収穫の時期でしたので、コーヒーチェリーと呼ばれる、赤いコーヒーの実がなっていました。口に含むとほんのり甘く、スターフルーツに似た味わいです。

豆の精製工程や、選別(大きさや色で分ける)、焙煎の過程を見学します。

コーヒー豆は、見た目の良さが味と比例しており、豆が大ぶりで綺麗な物が美味しいそうです。

いよいよ焙煎体験

焙煎のレクチャーを受けたら、いよいよ焙煎体験です!ツアーガイドのアシストのもと、自分で焙煎機を操作して好みのローストに仕上げます。筆者はストレートで割と毎日2~3杯飲むので、ミディアムローストにしました。

今回使用した焙煎機はDiedrich(ディードリッヒ)というもので、日本のスペシャリティコーヒーの焙煎にも使用されているプロ使用のものです。

ここに豆を投入します。この緑色の豆が、香ばしいコーヒー豆に変身するわけです。楽しみで仕方ありません。

緑色のコーヒー豆が

どんどん茶色く香ばしい色に変化していきます。

コーヒー豆を焙煎している時に、2回「パチパチ」と弾ける音がします。1回めが水分が飛ぶ時の音(1ハゼ)、2回めは豆の表面に油分が浮かびそれが弾ける音です(2ハゼ)。

最終的にはこんな色に!辺りがコーヒーの良い香りで満たされています。焙煎した豆を冷まし、パッケージをして出来上がりです。パッケージに貼るラベルはオリジナルラベルで、デジカメで撮った写真をプリントしてくれ、名前や日付などを自由に入れることができます。

いかがでしたか?

日本では中々経験することの出来ない自家焙煎。ハワイ島に行く際には、是非体験して見てくださいね。美味しく素敵な思い出になること間違いなしです!

筆者が体験したツアーはこちら

Mountain Thunder Coffee Plantation(webサイト/日本語)
焙煎体験ツアー(日本語)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。