1. 暮らし
    2. 洗濯機洗いでワイヤー入りブラジャーを長持ちさせるための方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    洗濯機洗いでワイヤー入りブラジャーを長持ちさせるための方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    大切なランジェリー、でも毎日手洗いは面倒な方におすすめの方法を提案します。

    準備するもの

    ワイヤー入りブラジャーは上記のような専用の洗濯ネットを利用します。左がホームセンターで約750円くらい、右が100円均一商品です。

    ネットの目はホームセンター購入の方が細かいです。下着のサイズと自身のお好みで判断してください。

    手順

    STEP1:たたむ

    裏地の部分が上になるように、センターから二つ折りにします。凹んだ方に肩紐部分、ホック部分が収まるようにたたみます

    裏表を逆にすると、レース部分にホックが当たって傷つく恐れがあります。

    STEP2:洗う

    ファスナー部分をしっかりと締めてあとは洗濯機に放り込むだけです。色移り等の心配がない限りは他の衣類と一緒に通常の洗濯で問題ありません。どうしても心配な方は別洗い、手洗いモードでの洗濯をお勧めします。

    1つの専用ネットに1~2枚くらいが理想です。

    干し方の注意

    室内置き干しが盗難の恐れもないのでおすすめですが、外に干したいという方は、通常の四角い形の洗濯ネット(セーターなどを入れられるようなサイズが大きいもの、かつ目の細かいもの)に入れます。

    ハンガーのところにブラジャーのセンター部分がくるようにして画像のように干します

    裏地が外側にくると日光による色褪せもある程度抑えられます。

    よく肩紐に洗濯ばさみで留める方がいらっしゃいますが、そうすると肩紐部分だけがゆるゆるになったり変形しやすくなるのでおすすめしません。

    あくまでも参考画像なので、風に飛ばされないタイプのハンガーの利用と、盗難被害にはくれぐれもご注意ください。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人