\ フォローしてね /

Tシャツの首が伸びない洗濯方法

このライフレシピのもくじたたむ

お気に入りのTシャツ、消耗品とわかってはいるもののなるべくなら長く愛用したいですよね。今回は、お気に入りTシャツの首が伸びない洗濯方法をご紹介します。

用意するもの

  • Tシャツ
  • 輪ゴム
  • 洗濯ネット
  • ハンガー(できれば針金ではなく太めのもの)

洗濯手順

STEP1:Tシャツの首周りを合わせる

Tシャツの首周りの後ろ身頃と前身頃を合わせます。

STEP2:端から卷く

端から巻いていきます。

STEP3:輪ゴムで首の根元を止める

巻き終わったら輪ゴムで首の根元を止めます。Tシャツの厚みにもよりますが、3重くらいで十分です。

STEP4:洗濯ネットに入れて洗う

洗濯ネットに入れて、あとは通常の洗濯物と一緒に洗います。

STEP5:首周りにつけていた輪ゴムをはずす

洗い終わったら、首周りにつけていた輪ゴムを丁寧に外してから干します。物干し竿にそのままかけても良いですが、場所の問題もあるのでハンガーを使っても良いでしょう。

その場合、ハンガーは必ず首から通すのではなく、胴の下から通しましょう。洗濯物を取り込む際も、ハンガーは胴の下から取り外します。

注意点

洗濯ネットにはTシャツ1枚だけ入れるようにしましょう。2枚入れるとお互い洗濯中に引っ張り合いをしてしまい伸びる原因となります。

干す場所があるなら、ハンガーにかけずにTシャツを直接物干にかけたり、イスに置いて平にしたりして干しても良いでしょう。

おわりに

本当に大切であれば、1枚1枚そっと手洗いでもするのでしょうが、面倒臭がりな著者はそんなことやってられません。輪ゴムで首が伸びないようにするのが精一杯です。

でも、これでだいぶ首がダルダルになりません。大好きなTシャツは、せめてクタクタになるまで着倒してからサヨナラしたいですよね。是非お試しください。

(photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。