1. 料理
    2. おいしいゴボウを選ぶポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おいしいゴボウを選ぶポイント

    このライフレシピのもくじたたむ

    ゴボウは毎日とりたい食材ですが、中にすが入っているものもあり、ゴボウ選びには一定の経験とコツが必要です。ここでは、おいしいゴボウを選ぶポイントを紹介したいと思います。

    おいしいゴボウを選ぶポイント

    ポイント1:産地で見分ける

    関東在住の筆者はよく購入するのが、日本一のゴボウの産地、青森県産のゴボウです。青森産のゴボウは、色が白くキレイで、香りが強く、繊維質が邪魔にならない程度に身が締まっているのが特徴です。

    ポイント2:土付きを選ぶ

    筆者は鮮度を保つ土付きゴボウを選びます。土付きゴボウは持ちがよく、香りもよいのでオススメです。

    ポイント3: 形で見分ける

    太さは太すぎず細すぎない、切り口が直径2cmくらいのものを選びます。また、しんなりしていないハリのあるものを選びましょう。

    ポイント4:切り口に注目する

    写真の左側のゴボウはよく見るとすが入っているのが分かります。

    直径3cm以上の太いものは中にすが入っていることがあるので、注意が必要です。
    切り口は平らでみずみずしいものを選びましょう。

    おわりに

    ゴボウを購入するときは長さや太さなどの見た目に気をとられがちですが、一見、見た目がよくても中にすが入っていては台無しです。切り口を念入りにチェックしてから購入しましょう。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人