\ フォローしてね /

ドレッサーがない人のための化粧品の収納方法

このライフレシピのもくじたたむ

みなさんは化粧をどこでしていますか?

お気に入りのドレッサー、洗面所…など場所を決めて化粧している、という方も多いでしょう。でも、間取りやスペースの都合上、ドレッサーをおけなかったり、洗面所に自分の化粧品ばかりは置けない、という方もいらっしゃると思います。

ここではどこでも持ち運べる化粧品の収納方法をご紹介したいと思います。

用意するもの

  • 取っ手のついたかご
  • お気に入りの柄の布やレースなど
  • 化粧ポーチ

収納のコツ

STEP1:普段使う化粧品を全部並べる

まずは普段使う化粧品を全部並べてみましょう。

特別な日にしか使わないアイテムやストックなどは別の場所にしまいましょう。

STEP2:形ごとにポーチに収納

次に形ごとにわけてポーチに入れていきます。筆者はパレットなど平たい形のアイテムとペン型のアイテムをわけて入れています。お手持ちの化粧品のアイテム数でポーチの形や大きさ、数を変えてください。

パレットなどをいれるポーチは口が大きく開くタイプが、ペン型のアイテムにはペンケース型がいいと思います。背の低いビンはバニティタイプがいいでしょう。

STEP3:化粧品を入れるかごを用意

化粧品が入るかごを用意しましょう。かごは余裕がある大きさがいいとおもいます。天然素材や内側が布になっているとかわいいですね。

化粧品を使わないときはお気に入りの布やレースをかけておきましょう。ほこりよけにもなるし、インテリアとしてもかわいいと思います。

おわりに

いかがでしたか?筆者は天気や季節によって家の中でお気に入りの場所がかわるので、持ち運べるこういう方法に落ち着きました。専用のドレッサーをおくより省スペースにもなります。

一箇所にまとめておくことで、化粧中に「あれがない、これがない」ということもなくなるのでおすすめです。

ぜひお試しください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。