\ フォローしてね /

手軽に始められる防波堤釣り!いろいろな魚を釣ってみましょう

釣竿とエサがあればすぐに始める事ができる防波堤釣り。いろいろな魚が釣れ誰でも気軽にチャレンジできる防波堤釣りについて紹介します。

写真は福井県常神半島の常神漁港で早朝釣りです。

防波堤釣りの魅力

オフシーズンがないので一年中釣りを楽しむ事が可能です。特に春と秋は魚種も豊富でイワシ、アジ、サバなどが釣れます。また厳冬期である真冬でもカレイやメバルなどが釣れます。

アプローチが簡単な事もあります。岸壁まで車で行ってすぐに釣りを始める事ができますので、これも魅力のひとつです。

防波堤釣りの場所・季節

静岡県の御前崎周辺で防波堤釣りをやります。季節は初夏から秋にかけてですが、真夏は夜釣りのみです。

釣れる主な魚

イワシ、アジ、サバ、サヨリ、カサゴ、カンパチ、クロダイ、トビウオ、サッパ、タコ、アイゴ、ウミタナゴ、メジナ、ヒイラギ、ハオコゼ、フグ。

夜釣りではアジやアナゴが釣れます。

釣りに必要な道具

釣竿

これは筆者が主に使っている釣竿です。2号磯竿5.3m、180cmコンパクトロッドの2本を使い分けています。2号磯竿はサビキ釣り、コンパクトロッドはアナゴ釣りや根魚釣りに使います。

リール

釣り具屋で安く売っていたものを使っています。小型から中型のスピニングリールです。

仕掛け

アナゴ釣り用のハリは「ブラー15g 発光タイプ」を使います。

筆者はこの方法で何年もやっていますが、他の方法もあります。

サビキ釣り用に集魚板、針、錘を使います。釣れている魚の大きさによって号数を変えます。

針と錘がセットになっているもの、「サビキ釣りセット」と称して釣竿から針まで全て揃って売っているものもあります。
釣り場の近くにある釣具屋さんで釣れている魚や針の種類を聞くと教えてくれます。それを参考にしましょう。

エサ

釣具屋さんで売っている冷凍ブロックのアミエビ(1kg200円ぐらい)、魚屋で売っているサンマ(夏だと1匹100円ぐらい)を使います。

それ以外に必要なもの

バケツ、クーラーボックス、氷、ナイフ、タオル、メゴチバサミ、ハサミ、予備の仕掛け、錘、ひも付きバケツ、エサを撒く為のヒシャク、エサ入れ

車止めがあるところでは車止めに固定できる竿受けやエサ入れが便利です。

こんな感じで使います。イス、飲み物、夜釣りの場合はヘッドライト、ランプ、ケミホタルなどを用意します。

また、あると便利なものとして、ウォークマン、携帯トイレ、魚を入れるビニール袋、水を入れた2Lのペットボトル数本(洗浄用)、ジェルタイプの石鹸などがあります。

小さなお子さん連れの場合はライフジャケットを用意します。

釣りの流れ

前日まで

釣りに行く日を決め、天気、干潮と満潮の時刻を調べます。風が強い日は仕掛けも流されてしまいアタリが分かりにくいのでお勧めしません。

釣りに行ってすぐに始めたい場合は前日に釣り具屋で冷凍アミエビを購入・自宅で解凍します。

その時に釣具屋で何が釣れているか情報を仕入れ、針の号数をチェックします。釣竿に仕掛けを付けておきます。

当日

防波堤に付いたら場所を確保します。周囲の釣り人がバンバン釣れているようならすぐに竿を出します。イワシなどはエサを付けなくても釣れる場合があります。

バケツに海水を汲み、タオルやナイフなど釣れた時にすぐに使うものを近くに置きます。

タナ探り

仕掛けを海底まで下し、1回転づづリールを巻いてアタリがくるのを待ち、反応がなかったらまた1回転リールを巻きます。底から何回転目でアタリがあったか、覚えておくと便利です。

根魚やアナゴは底に、アジは中層から下、イワシなどは上層にいますがその時によって変わります。必ずタナを探りましょう。

エサを撒く

サビキ仕掛けにエサを付け、エサ撒きヒシャクでアミエビを撒き、魚を集めます。

潮の流れを見て上流側にエサを撒きます。

アタリがあったら

ブルブルと竿が震えます。リールを回して釣り上げます。釣った魚を海に落とさないように慎重に陸におろし、針を外し鮮度を保つ為にすぐに活け締めをします。

エラブタの後ろからナイフを入れて脊髄を断ち切ります。青魚はノドの筋を断ち切ります。アナゴは後頭部にナイフを入れます。

危険な魚

トゲがあり刺さると大変痛みます。メゴチバサミなどで掴んで仕掛けから外し決して素手では触らないようにします。同様にクロダイや根魚などもヒレが鋭いので注意します。

フグは毒がありますので決して食べてはいけません。

釣り終了

周辺を片づけ、アミエビなどで汚れた場所はバケツに汲んだ海水などで洗い流します。ゴミも持ち帰ります。

釣りの楽しみ方

たくさん釣れると夕食のおかずに早変わりです。刺身やフライ、天ぷら、焼き魚など新鮮な魚を食べる事ができるのが一番の楽しみです。

性格にもよりますが、釣れない時でも何も考えずに海をぼんやりと眺めているだけで日々のストレスを忘れる事ができます。

最初はアジ・イワシ狙いでしたが、途中からアナゴ狙いになりました。アナゴ釣りをする人は珍しいらしく、アジ狙いの釣り人にいろいろと話しかけられたり珍しがられています。

アジが全く釣れないのにアナゴをバンバン釣るのは爽快です。アナゴは足元にいますので竿も短くて済みますしエサもサンマだけなの気軽にできます。

クネクネする長い魚体が苦手な方にはアナゴ釣りは不向きです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。気軽に始められる防波堤釣り、みなさんもぜひトライしてみて下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。