\ フォローしてね /

R&Bやゴスペルを歌いたい!アメリカ式ボイス・トレーニングのコツ

ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリー。彼女たちのようにパワフルかつソウルフルに歌えたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

でも、日本人には難しい歌唱法なのでは…そう思っている人も多いかもしれません。

そこで、ブラック・ミュージックの本場アメリカで実際に行われているボイス・トレーニングの方法をご説明します。

アメリカ式ボイス・トレーニングの方法

STEP1:くちびるのエクササイズ

くちびるをブルブル震わせながら声を出す

顔の力をぬいて、リラックスした状態でやりましょう

STEP2:舌のエクササイズ

巻き舌で声を出す

あごや舌の付け根に力が入らないようにしましょう

STEP3:ハミングとロングトーン

ハミング(m)をした後、口を大きく開けて発声(Ma)する

鼻に声がビリビリと響いているのを感じながら歌いましょう

STEP4:「ま行」で発声

口を大きく開けて、くちびるをやわらかく動かしながら歌う

母音をしっかり意識しながら歌いましょう
これらの練習はすべて半音ずつ上げながら行います

ボイトレの成果

上記の練習を続けているうちに、黒人歌手特有の太くてよく響く声が少しずつ出せるようになります。

そして、声が変わったことで、R&Bやゴスペルが持つ独特の雰囲気を、以前よりも深く表現できるようになるのです。

おわりに

声はすぐに変わるものではありません。喉に負担をかけぬよう、毎日少しずつ練習することが大事です。

継続は力なり。日々の積み重ねが、いつの間にか声という楽器を素晴らしい音色に変えてくれます。

世界に一つしかないあなたの声、ボイス・トレーニングで磨いてみませんか?

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。