\ フォローしてね /

不器用でも大丈夫!簡単ワッペン付けのやり方

量販店で買った服、街で同じ服を着ている人に会ってしまって何だかちょっと気まずい…なんてことありませんか?でも、同じ洋服でもワンポイントアクセントをつけるだけで、オリジナルの1点ものに変わります。

今回は、著者がよくやる簡単で可愛いワンポイントアクセントとしてワッペンをつけるときの方法についてご紹介します。

用意するもの

  • ワッペン(100円均一でも売っています)
  • まち針
  • 刺繍糸
  • 刺繍針
  • (もしあれば)刺繍枠(100円均一でも売っています)

縫い付け方

STEP1: つけたい場所にワッペンを置き、まち針で止める

洋服のワッペンをつけたい場所にワッペンを置き、まち針で止めます。あれば刺繍枠を取り付けます。

STEP2: 最初のひと針は、服とワッペンの間、ワッペンの裏

最初のひと針は、服とワッペンの間、ワッペンの裏から始めます。

STEP3: ワッペンの上からかがり縫いをしていく

あとはワッペンの上からかがり縫いをしていきます。

縫うのに夢中になり、まち針で手を痛めないように注意

STEP4: 縫い終えたら、ワッペンと服の間で玉止めをして完成!

ワッペンの周りを1周縫い終わったら、最後はまたワッペンと服の間で玉止めをしておしまい。

裏側はこんな感じです。

うまく縫うコツ

ワッペンや縫い付けるものとのバランスで、刺繍糸の色選びが一番重要だと思います。

たとえ縫い方がヘタでも、この方法だとあまりわかりません。むしろ、わざと可愛くポップな色の刺繍糸で縫うことによってヘタウマに仕上がります。ちょっと大胆に縫うくらいが丁度良いかもしれません。

著者は、1本の刺繍糸が何色にもグラデーションになっている物を使用したため、ずっとまつり縫いをしているだけで勝手に縫っている糸の色が変わっていきます。

おわりに

たとえば、子供服でもおさがりにつけるとその子だけの服に早変わり。洋服以外でも手提げ袋や小物につけてもオリジナルの1点ものになります。

上手いヘタがあまりわからないので、とりあえず何にでもやってみてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。