\ フォローしてね /

卵2個で作る!恵方巻きロールケーキの作り方

二月三日は節分です!節分にちなんで恵方巻きロールケーキを作りました。海苔で巻いたように仕上げたくて、ブラックココアを使用し真っ黒なロールケーキが完成しました!細巻きなので、パクパクと完食できますよ!

ここでは卵2個で作る!恵方巻きロールケーキの作り方を紹介します。

材料(20×28cmのバット1枚分)

  • 卵・・・2個
  • グラニュー糖・・・40g
  • 薄力粉・・・40g
  • ブラックココア・・・10g
  • バニラエッセンス・・・適量

飾り

  • 生クリーム・・・100cc
  • グラニュー糖・・・大さじ1~2
  • 苺・・・5~6粒
  • 缶詰のマンゴー・・・10粒
  • 〔A〕シロップ・・・大さじ1
  • 〔A〕シロップを溶かすお湯・・・大さじ2

作り方(調理時間:120分)

STEP1:バットを用意する

卵2個が丁度良く焼ける20×28サイズのバットを用意します。サラダ油をキッチンペーパーにふくませ、バットに薄く塗り、その上にクッキングシートを敷き準備しておきます。

クッキングシートの下にサラダ油や、マーガリン等を塗っておくとシートがピタっと張り付き生地を流すときにずれないので便利ですよ。

STEP2:粉をふるう

薄力粉とブラックココアパウダーを2~3回ふるいます(薄力粉とブラックココアパウダーを一緒にふるっても大丈夫です)。砂糖もここで準備しましょう。

材料は卵を泡立てる前に準備しましょう。

STEP3:泡立てる

湯を用意し、その上に卵を割りほぐしたボウルをのせます。

グラニュー糖を2~3回に分けて入れハンドミキサーで白くもったりするまで8~10分くらい泡立てます。

途中卵生地を触って、卵が人肌ほどに温くなってきたら湯銭から外しさらに泡立てます。

生地を持ち上げたとき、生地がリボン状に落ちてくればOKです。

ハンドミキサーは生クリームを泡立てるときにも使いますので、洗ってしっかり水滴をふき取っておきましょう。

STEP4:粉を加える

STEP2のふるった粉を2~3回に分けて加え、ゴムべらで生地を切るように、さっくりと混ぜます。

ここでオーブンの予熱機能を使って180度の予熱を始めましょう。
生地に粉を混ぜるときはこねないように注意しましょう。

STEP5:バットに流し入れる

STEP1のバットにSTEP4の生地を流しいれ、180度で予熱したオーブンで10~15分ほど焼きます。

爪楊枝で刺してみて何もついてこなければオーブンから取り出します。すぐにバットから取り出して網などの上に冷ましておきます。

生の生地がついてくる場合は180度の温度で2分くらいずつ様子を見ながら焼いてください。

STEP6:シートをはがす

生地の粗熱がとれたら、丁寧にシートをはがします。生地は乾きやすいので剥がしたシートをもう一度かぶせておきましょう。

シートを勢いよくはがすとスポンジがくっついてしまいますので、ゆっくり剥がしましょう。

STEP7:果物を用意する

マンゴーは缶詰から出し、キッチンペーパーの上にのせ水気を切ります。苺はヘタを取り4等分にします。

STEP8:生クリームを泡立てる

ボウルを2つ用意し、片方には氷を敷き、もう片方のボウルには生クリームを入れます。氷の入ったボウルの上に、生クリームが入ったボウルをのせ、砂糖とバニラエッセンスをいれハンドミキサーで固めに泡立てます。

STEP9:シロップを塗る

STEP6のスポンジに巻きやすくするために、ナイフで浅く(生地の厚さの半分くらい)切り込みを入れます。

〔A〕をボウルに合わせ切れ目を入れた方だけにシロップを塗ります。

STEP10:クリームを塗る

STEP8に生クリームを塗り、苺とマンゴーを並べます。

STEP11:巻く

STEP10の生地の両端を合わせるようにクルっと巻きます。

細巻きなので無理に巻かずに、端を合わせるだけでいいです。

巻き終わりを下にし、ラップで包みます。冷蔵庫で2時間以上冷やし、形やクリームを落ち着かせます。

完成!

完成です!その年の方角を向いて、食べ終わるまで、一言もしゃべらず完食してください!

上手に作るためのポイント

  • 卵はしっかり泡立てましょう。
  • 粉を混ぜるとき、こねてしまうと泡が消えてしまうので切るようにし、底からすくいあげるように混ぜましょう。

さいごに

恵方巻きロールケーキいかがでしょうか?チョッピリいたずら心ありのロールケーキに仕上がったので、場も盛り上がり楽しめそうです。

ブラックココアパウダーは大型スーパー等で手に入るようになりました。無い場合は インターネットでも購入できます!ぜひお試しください

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。