\ フォローしてね /

ずぼらな人向き、キッチンの排水口のヌルヌルをとる方法

排水口はすぐに汚れてしまいますが、忙しい日々の中、なかなかそこまで手が回らないのが現状です。筆者の掃除方法は、本当に必要最小限ですが、参考にしてみてください。

掃除の頻度とタイミング

何日おきにやるというようには、決めていません。汚いなと思ったとき、時間に余裕があるとき、などに行います。それでも最低、週に1回、だいたい週に2回の割合ではないかと思います。

必要な道具

  • 「流しのヌメリ取り」…NEWキッチンハンズ(2個入り)

排水口ストレーナーに取り付けておけば、洗浄と除菌をしてくれます。ドラッグストアで売っています。

  • ナイロン不織布たわし

筆者は「スコッチ・ブライト」を使っています。研磨粒子が付いていて、通常は鍋や鉄のフライパンの汚れを落とすものです。ドラッグストアで購入。

  • 古いハブラシ

どんな種類でも良いです。歯みがきに使っていた物を。

  • 台所用洗剤

通常の台所用洗剤なら、どれでも良いです。

具体的な手順

STEP1.

ヌメリ取りを入れておきます。(これは手順の一番最後でも良いです。)

排水口の奥の掃除は、このヌメリ取りを設置するだけできれいになるので、いつもは、とくに磨きません。ぱっと見て、汚れが目に着いたときは、スポンジでさっと拭き取ります。スポンジは、食器洗いに使っていて、古くなったものを使用しています。

STEP2.

排水口の縁の溝に台所用洗剤を「少量」流し込みます。ハブラシがきれいなら、ハブラシに直接洗剤を付けてもいいです。汚れていたら、汚れが洗剤の口元についてしまうので、止めましょう。

STEP3.

ハブラシで縁の溝の汚れを掻き出します。

STEP4.

次に、ストレーナーをナイロンたわしで磨きます。とてもよく汚れが落ちます。鉄のフライパンや鍋を洗って、古くなったものを、シンク洗いに使っています。

STEP5.

水を流して、汚れを流します。シンクはすぐに使わずに、できれば乾かしておきます。

注意点

「ヌメリ取り」は、塩素系の洗浄剤です。「まぜるな危険」の表示があります。酸性・アルカリ性の洗浄剤や漂白剤などを直接かけると熱を発したり、有害な塩素ガスが出て大変危険です。また、中身に直接、手に触れないように気を付けてください。

「ナイロンたわし」は、燃えやすい素材なので、火のそばには置かないようにしましょう。シンクが、多少傷つくことがあるかも知れません。力加減に注意してください。プラスチックに使うと傷がつくので、使用できません。

排水口の奥はプラスチックなので、磨くときは、やわらかいスポンジで磨いてください。

おわりに

天然素材やエコロジーブームに乗って、手や環境に優しい洗剤を使ったこともありますが、あまり汚れが落ちず、筆者には向いていませんでした。「ヌメリ取り」は、塩素系で強力ですが、とても便利なので筆者は助かっています。参考にしてみて下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。