1. 料理
    2. 塩味が美味しいストック可能な塩鶏ハムの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    塩味が美味しいストック可能な塩鶏ハムの作り方

    手順はとっても簡単、一晩おいて茹でれば完成!しっとり柔らかで、ほんのり効いた塩味が絶妙な、そのままはもちろん、他の具材と合わせても美味しい、ストック可能な塩鶏ハムの作り方をご紹介します。

    材料(むね肉1枚分)

    • 鶏むね肉・・・1枚
    • 長ネギの青い部分・・・適宜
    • 粗塩・・・大さじ1
    • 砂糖・・・大さじ1
    長ネギは、冷凍しておくと便利です。砂糖は今回三温糖を使っていますが、上白糖など家庭にある砂糖でOKです。

    作り方(調理時間:約15分)

    一晩寝かせた後の調理時間です。調理後、冷めるまでの時間も除きます(冷めて完成です)。

    調理前日:下準備(一晩寝かせる)

    キッチンペーパーで鶏肉のドリップを取り除きます。

    保存容器に入れ、粗塩と砂糖をまぶして両面に良くすり込み、フタをして冷蔵庫で一晩寝かせます

    STEP1:鶏肉を鍋にい入れる

    (分量外)を入れた厚手の鍋に、一晩寝かせた鶏肉と長ネギをいれます。

    鶏肉が充分浸かるように、たっぷりの水を入れます。鍋の大きさにより量を調整してください。

    STEP2:鶏肉を茹でる

    フタをし、中火で沸騰するまで茹でます。

    途中吹きこぼれないように注意し、沸騰しそうになったらフタを開けます。

    STEP3:灰汁をとり火を止める

    沸騰したら、灰汁をとり除き火を止めます。

    鍋の大きさ等により所要時間は変わります。今回は、直径18cmの鍋を使用し、満水の状態で火を付けてから、止めるまで目安として約15分程度です。あまり、沸騰させた状態を長くしないことがポイントです。

    STEP4:そのまま鍋を放置して冷ます

    再び、フタをして五徳にのせたまま放置し、ゆっくりと冷まします

    完成!

    冷めたら取り出し、切り分けたら完成です。

    少し厚めに切ると、ふんわりジューシー感が味わえます。お好みで、ワサビを添えるとお酒のすすむ、おつまみにもなります。

    冷めたら茹で汁ごと保存容器に移し、冷蔵庫で1週間程ストック可能です。表面が空気に触れないように、たっぷりの茹で汁と共に保存することが、柔らかさを保つコツです。

    おまけ

    茹で汁は、鶏からの出汁と塩分で、とても美味しいスープとなり、和洋中問わず美味しいスープの素となりますので、捨てずに有効活用しましょう!

    スープに利用する際は、茹で水の量により塩分濃度が変わりますので、味をみて、お好みの割合でお湯等を加えて調整してください。この段階で、美味しいと感じる必要はなく、やや薄めに仕上げて、あくまでベースとしてご活用ください。

    おわりに

    美味しいハムに、美味しいスープ。一度作ると二度美味しい。満足度の高いレシピです。保存も出来ますので、多めに作っておくと既に火が通っているので、サッと使え、とても重宝します。一晩置く時間はかかりますが、手間はかかりませんので、ぜひ、一度お試しください!

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人