1. 暮らし
    2. 敷金トラブルに巻き込まれずに賃貸物件を退去するコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    敷金トラブルに巻き込まれずに賃貸物件を退去するコツ

    筆者が退去したときの一連の流れと、気をつけるべきポイントをご紹介します。退去立会いはトラブルになりやすいとのことだったので、事前に色々調べておきました。知識を身につけてから臨みましょう!

    退去立会日までにやること

    退去の通告(宣言)

    通常、退去予定日の1ヶ月前までに行います。

    まれに、2ヶ月以上のこともありますので、入居時の契約書を確認しましょう!

    大家さんか不動産屋さんへ電話で、以下のことを連絡します。

    • 退去したい旨
    • 退去予定日と、立会いのお願い

    敷金トラブルを回避するために

    退去立会日には、立会い担当者が部屋の状態をチェックし、「敷金」の清算を行います。

    退去時、借主は、「原状回復にかかる費用」を負担しなくてはなりません。

    そしてこの費用は、入居時に支払った「敷金」から捻出され、残額は借主に戻ってきます。

    しかし、最近では、敷金が返ってこないばかりか、不当に多額の修繕費を要求されるケースもあるそうです。

    契約書を見直しましょう

    とは言っても、数年前の契約書の、原状回復に関する記載は忘れてしまっていますよね・・・(筆者も完全に忘れておりました。)

    入居時の契約書の、「原状回復」に関する欄をもう一度確認しましょう

    借主が払わなくてよい費用

    自然に使用していて磨耗した分(やむを得ない消耗)

    例えば、家具を置いたのでフローリングがへこんだ、日差しが強くて壁紙が日焼けしてしまった、などは、やむをえない事情によるものです。ですから、借主に修繕費を払う義務はありません。

    借主が払わなければならない費用

    無茶・乱暴な使い方や、不注意で磨耗した分(借主の過失)

    例えば、家具を移動するときに壁紙を傷つけてしまった、タバコのヤニが壁についている、などは典型的な例で、修繕費を支払わなくてはなりません。

    おわりに

    これから退去するかたへのアドバイスです。

    • 立会日までに部屋をきれいに掃除をしておくこと(かなり印象が良かったようです)
    • 喫煙は換気扇の下で(長年の蓄積で、明らかに色が変わります)
    • 壁には穴をあけない、テープ・シールを貼らない(カレンダーなど、我慢しましょう)

    以上のポイントをよくチェックされるとのことだったので、ぜひ気をつけてくださいね。

    Twitterで紹介!

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ