\ フォローしてね /

ポイントは密閉と温度!開封済みココアの保存方法

最近は、保存に便利なチャック付きのココアが一般的ですね。そのため、意外に『口を締めて置いておくだけでいい』と思われている方も多いのではないでしょうか?

今回は、開封済みのココアの上手な保存方法をご紹介します。

用意するもの

  • 開封済みココア(今回はブルボン しょうがココアを使用しました)
  • ジップロックなどのチャック付きポリ袋
  • 冷蔵庫

開封済みココアの保存方法

STEP1:注意書きを読んでチャックを閉める

注意書きを見てみましょう。記載されているとおり、虫や空気が入るのを防ぐため、チャックをしっかりとします

このとき、袋の中の空気をなるべく抜いて閉めるのがポイントです。

STEP2:更にチャック付きの袋に入れる

次に、チャック付きのポリ袋に入れます。このときも、袋の中の空気を押し出すようにして、なるべくしっかり空気を抜いてから口を閉じましょう。

STEP3:冷蔵庫に入れる

保存は涼しい場所(冷蔵庫など)とありますので、冷蔵庫で保存します。

ココアは湿気や熱に弱いため、冷蔵庫か、もしくは風通しの良い涼しい場所での保存がおすすめです。

開封後はなるべくお早めにお召し上がりくださいとあります。開けてから1ヶ月位をめどに飲みきるのがいいでしょう。

おわりに

ココアに含まれるカカオポリフェノールには、様々な病気を予防する効果があることで有名です。
食物繊維も豊富なので、ダイエットにも良いと言われていますね。

今回ご紹介したようなしょうが入りココアだと、おいしく身体を温める効果もあるのでおすすめです。ぜひ、上手に保存しておいしくココアをいただきましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。