\ フォローしてね /

洗剤いらず!タオルでピカピカ洗面台ボウルの掃除方法

洗剤を使わず小さなタオルで洗面台ボウルの掃除方法をご紹介します。

毎日使う洗面台は、石鹸カスなどの目には見えない汚れが付着しています。これを放置すると面倒な掃除をしなくてはなりません。毎日数分足らずできれいが保てます。

掃除のタイミング

毎朝1回することにします。顔を洗った後や歯ブラシをした後など自分なりのルールを決めましょう。

必要なもの

  • ハンドタオル
使い古しでOKです。このタオルは1日ごとに変えます。

著者は、普段使っているハンドタオルがゴワゴワになってきたら、掃除用品としてまとめてとっておきます。

作業を始める前に

汚れがひどい場合は、ご紹介の掃除方法を実践する前に洗剤を使ってきれいにしてから始めてください。

掃除の方法

STEP1 ハンドタオルをたたむ

ハンドタオルを2回折り、たたみます。

STEP2 洗面台を拭く

タオルを軽く水にぬらして、洗面台(物がおける水平な場所)をきれいに拭きます。洗濯機が近くにある場合などは、小さなほこりがたくさん落ちています。

洗面台には必要最低限のものを置くようにしましょう。ものをどかす手間が省けます。

STEP3 洗面ボウルを洗う

少量の水を流しながら正面とボウル全体をこするように掃除します。

洗剤をつける必要はありません。少しの水で汚れは落ちていきます。

汚れがたまりやすいコーナー部分は念入りにします。

STEP4 タオルは洗濯機へ

使用したタオルは、軽く手洗いして、洗濯します。

他の衣類と一緒に洗ってOKです。毎日掃除をしているのであまり汚れません。

乾いたタオルを用意し、水はねの際に軽く拭けるように翌朝まで置いておきます。このタオルを翌朝の掃除で使うことにするので、タオルは、毎日交換することになります。

汚れがひどい場合

汚れがひどい場合は、メラミンスポンジで軽くこするとよいでしょう。100円ショップでカットされたものが売っています。

おわりに

毎朝数分の日課にすることで、汚れもたまらず快適な空間を保つことができます。ぜひ、実践してみてください。

(photo by amanaimages)
(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。