\ フォローしてね /

簡単&節約!サラダ恵方巻きの作り方

節分の日にぜひとも食べたい恵方巻きです。

もともと恵方巻きは七福神にちなんで7つの具を巻き込んだ縁起物ですが、市販のものはけっこう高いし、自分で作るとなると、椎茸やかんぴょうを煮たりと手間がかかるうえ、お刺身やイクラ、鰻などを高価な食材が多くてお財布にもきびしいもの。

そこで、家にありがちな食材を使って、格安に、しかも手間もかけずに作ってみました。

火を使うのは玉子だけで、あとは切ったり、混ぜたりするだけ。しかも、食材があまったら、翌日のサラダにも使いまわせます。

材料 (小さめサイズ 3本分)

  • ごはん...1合ぶん
  • (A)酢...大さじ1半
  • (A)さとう...小さじ2
  • (A)塩...小さじ1/2強
  • 玉子...1個
  • カニ風味カマボコ(棒タイプ)...6本
  • きゅうり...1/2本
  • レタス...葉1/2枚分
  • 魚肉ソーセージ...1/4本
  • アボカド...1/4個
  • ツナ缶+マヨネーズ...1/2缶
  • 海苔(半型)...3枚
  • 砂糖...小さじ1
  • 塩...ひとつまみ
  • レモン汁...少量

サラダ恵方巻き(丸かぶり寿司)の作り方

STEP1:玉子焼きを作る

玉子に砂糖(小さじ1)と塩(ひとつまみ)を加えて玉子焼きを作り、細長く切ります。

STEP2:具を用意する

レタスは水で洗ってからちぎり、アボカド(変色を防ぐため、レモン汁をかけたもの)、きゅうり、魚肉ソーセージは細く切ります。ツナはマヨネーズを混ぜて、ツナマヨにします。

STEP3:寿司飯を作る

(A)の調味料を混ぜ寿司酢を作ります。かために炊いたごはんに、寿司酢を大さじ2ほど混ぜます。

STEP4:海苔で巻く準備をする

巻きすの上に海苔(半型)をのせ、全体に寿司飯を広げます。真中に具をのせ、巻きこむように力を加えながら巻いていきます。

STEP5:両端を切る

巻き終わったら、両端からはみ出している具を切ります。

STEP6:完成!

お皿に乗せてできあがりです。その年の恵方をむいて、口をきかずに丸かぶりでどうぞ。

さいごに

節分以外の日に作ったときは、食べやすく切り分けると食べやすいです。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。