1. 料理
    2. 魚肉大好きな方に!鯛の潮汁の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    魚肉大好きな方に!鯛の潮汁の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    魚肉が大好きの人に是非オススメしたいものがあります。それは、スーパーなどで売っている魚のアラ(特に鯛のような白身)を使った潮汁です。

    鯛は、スーパーで頭が100円~150円で売られています。淡白のものは、おいしいダシがでます。是非お試しください。

    用意するもの

    • お鍋:2個
    • ザル
    • キッチンペーパー
    • おたま(レードル)
    • 盛り付け椀

    材料(4~6人分)

    • 鯛のアラ:1匹分(割ると2個)
    • 人参(中ぐらいのもの):1/2
    • 葱(長ネギ):1/2
    • 柚子(風味・飾り付け):少々(無くてもOK)
    • お醤油(色付けのため):5グラム
    • 塩:5グラム
    生臭い魚がお嫌いな方には、生姜(少々)を入れましょう。生臭さが消えて、爽やかな味になります。

    作り方

    STEP1: ザルにアラを入れ、熱湯をかける

    まず、ザルにアラを入れ、熱湯をかけます。

    この作業をしないと、生臭さが際立った出来上がりになってしまいます。熱湯には、ヤケドしないように十分注意しましょう。

    STEP2: お水・アラを入れ煮立たせる

    お鍋にお水・アラを入れ煮立たせます。中火で、煮立ったら弱火にして5分ほど置きます。

    弱火にしたときに、灰汁(アク)をこまめに取り除いてあげましょう。

    STEP3: 煮ている間に材料を切る

    煮ている間に材料を切ります。

    人参は短冊切りにします。

    上品に仕上げたい場合には、細切りにしたほうが見栄えします。

    葱は開いて短冊切りをします。

    柚子は皮を切って細切りにします。

    柚子皮を切るとき、「白い中綿」をはぶいて切るようにしましょう。白い中綿はおいしくありません。

    STEP4: アラと汁を分別する

    お鍋の上での作業になります。

    ザルにキッチンペーパーを引いて「具(アラ)」と「汁(だし汁)」を分別しておきます。

    STEP5: 人参・葱の順で入れ、煮込む

    だし汁のお鍋に人参・葱の順で入れ、中火で7~10分ほど煮込んでいきます。後にお塩・お醤油を入れます。

    STEP6: 鯛をお皿の上で壊す

    鯛をお皿の上で壊します。

    パーツ的に言うと、

    • 頭の部分(飾り用&目の周辺にお肉があります)
    • お腹の部分(食べられる部分が多いです)
    • 頭の上の部分(食べられる部分が少ないです)

    この3つに分かれます。

    分解して、食べられるようにすると、こんな感じ(画像)です。

    STEP7: 完成!

    お椀にSTEP5まで作ったスープ(汁)を盛り付けます。その上にそっとSTEP6で壊したタイのアラを置いてあげます。

    一番最後に柚子の皮を盛り付けあわせれば、できあがりです!

    おわりに

    大勢でワイワイ取り合う場合には、鯛を壊さずに盛り付けをすると、見栄えがします。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人