\ フォローしてね /

簡単!!煮干しの保存方法

このライフレシピのもくじたたむ

煮干しは、美味しい出汁を取るために欠かせない食品です。風味を損なわないように、上手に保存したいものです。

ここでは、著者が実践している簡単に煮干しを保存する方法をご紹介します。

用意するもの

  • 密閉できる袋
  • 乾燥剤(お菓子やのりに入っていた物)

    ##煮干しの保存のやり方 ###STEP1 煮干しの頭と内臓部分を取る

煮干しの頭と内臓部分を取り除きます。

煮干しの頭や内臓の部分は、他の部分に比べて劣化しやすいからです。

STEP2 密閉できる袋に入れる

頭と内臓を取った煮干しを、密閉できる袋に入れます。

STEP3 冷蔵庫か冷凍庫に入れる

頻繁に使う場合やすぐ使い切れる量の場合は冷蔵庫、長期保存がしたい場合は冷凍庫で保存します。

冷蔵庫でも1ヶ月、冷凍庫でも3ヶ月を目安に使い切ってください。
冷蔵庫で保存する場合には、湿気を防ぐために乾燥剤を入れてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫で保存する時には、乾燥剤を入れると湿気が防げて良いですよ。冷凍庫で保存すると、風味を損なわずに長期舗装できるのでオススメです。

簡単なので、ぜひお試しください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。