\ フォローしてね /

解凍後もおいしく!甘鯛の冷凍方法

魚の切り身の冷凍方法を紹介します。解凍後もおいしく召し上がるために一手間くわえましょう。

用意するもの

・包丁
・リードペーパー(あればピチットシート)
・ラップ
・甘鯛

味を損なわない冷凍方法 甘鯛を使用

STEP1:切り身のまわりの水分をとる。

魚から出る余分な水分は冷凍前に拭き取ります。冷凍時に氷となり身をいためてしまいます。

血がついている場合は一度さっと洗います。血は身を腐らせる原因です

STEP2:リードペーパーで覆う

切り身をリードペーパーで覆います。隙間無く空気に触れないように保護します。

リードペーパーを巻くことで、冷凍前や、解凍後の水分を吸水してくれます。ピチットシートがある場合はピチットシートを巻いてからリードペーパーを巻くと更に良いでしょう。

STEP3:ラップで覆う

最後にラップで覆います。この場合も空気に触れないようにしっかりラップをします。ラップの隙間に空気がなるべく入らないようにしましょう。

量が多いときでも、一個ずつ上記行程を行いましょう。また、長期保存の場合は冷凍やけする場合があります。マリネして余分な水分を魚から出してから保存すると良いでしょう。

おわりに

魚により身のやわらかさや質は異なりますが、基本の保存方法は同じです。是非ためしてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。