\ フォローしてね /

長野といえばやっぱり蕎麦!おすすめ信州そば紹介

信州長野県と言えばやっぱり蕎麦でしょう!県内どこでも信州そばを出しているお店があります。お店ごとにそば粉の配合が違ったり、太さや色、これは蕎麦?と思うものもあります。そしてこだわりのそばつゆ。出汁やしょうゆにもこだわって蕎麦に合う一番のそばつゆで食べるお蕎麦は最高です!

筆者はとにかく蕎麦が大好きで、蕎麦の食べ歩きはもちろん年に数回戸隠まで蕎麦を食べるためだけに行きます。長野県東信で生まれ育ち、現在は南信に住んでいますが、やっぱりずっと食べて来た蕎麦が食べたくて、蕎麦を食べるためだけに東信へも行きます。

ここでは筆者おすすめの信州そばをご紹介します。

食べてみて欲しい蕎麦

1.十割蕎麦

普通の売られている蕎麦は大体が二八蕎麦です。これはそば粉とつなぎの割合ですが、おすすめしたいのは十割蕎麦。そば粉100%のお蕎麦です。つなぎが入っていないため、打つもの一苦労。蕎麦の味が堪能できます。

2.更科蕎麦

いわゆる田舎蕎麦と違い、そばの実の中心の白い部分だけを使った真っ白な蕎麦です。白くても風味があり、上品な味わいの蕎麦です。

3.くるみそば

長野県の名産品の胡桃を使ったくるみダレにつけて食べるお蕎麦です。胡桃と蕎麦って結構合うんですよ!

おススメ!お蕎麦屋さん

さくら(東御市)

上記で紹介した十割そばと更科そばが食べられます。女主人の打つ蕎麦はコシがあってとてもおいしく、蕎麦の風味が楽しめます。小付とデザートが付いてくるのも嬉しいです。

十割蕎麦と更科蕎麦の両方が楽しめる【逢わせ盛】、色々堪能したい方には【さくら御膳】がおすすめです。

草笛(東信地域)

上記で紹介したくるみそばが食べることができます。量も多くておいしいお蕎麦屋さんです。各店舗で異なるサイドメニューも堪能してみてください。

うずらや(戸隠)

言わずと知れた名店です。戸隠の蕎麦は繊細だけどコシがあり、ツルっとしたのど越しが最高に美味しい蕎麦です。中でも筆者はこのうずらやさんが大好きで、年に数回は行きます。

いつも混んでいますが、待ってでも食べる価値あり!天ぷらもとても美味しいです。

美郷(大町市)

美麻村の新行の蕎麦屋さんです。とてものどかな場所にあり、周りは田んぼと畑。お蕎麦はツルっとしたのど越しです。天ぷらが1つと薄焼きがサービスでついてきます。お昼時には行列ができるお店です。

おわりに

蕎麦の旬は秋。各地でそば祭りなどが開催され、新そばが振舞われます。新そばの風味をぜひ楽しんでいただき、冬でも冷たいお蕎麦を食べてみていただきたいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。