1. 暮らし
    2. ドライヤーの長いコードをすっきり収納する方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ドライヤーの長いコードをすっきり収納する方法

    毎日朝晩使うドライヤー、見栄えよく収納しておきたいですよね。

    著者は特に、長いコードが絡まってしまうことに悩んでいましたが、この方法で、簡単かつすっきり収納できています。ご紹介します!

    用意するもの

    • ドライヤー
    • S字フック

    ドライヤー

    STEP1:S字フックを通す

    ドライヤーのもち手の穴に、S字フックを通します。

    STEP2:S字フックをかける

    S字フックを、洗面所などのタオルかけにかけます。(タオルかけが無ければ、どこか適当なスペースでかまいません)

    ドライヤーの重さに耐えられる場所かどうか気をつけましょう

    STEP3:コードを丸める

    コードをくるくると丸め、S字フックにひっかけます。

    時間はわずか10秒ほどで、すっきり収納できました。

    この方法のメリット

    以前は、コードをしばる→収納するという手順でしたが、この方法ならコードを丸めることが収納していることにもなり、時間が大幅短縮です。

    さらに、コードをギュッとしばると中の配線が断線しやすくなり故障の原因になりますが、この方法ならコードをゆるくしておけるので配線に負担がかかることがありません!

    注意すること

    ドライヤーは電化製品ですので、水がかかると故障してしまいます。直接水のかからない場所を選んで、この方法を試してください。

    さいごに

    特に朝は時間が貴重ですので、とても役に立っています。誰でも簡単に出来る方法だと思いますので、ぜひ試してみてください。洗面所が片付いていると、気持ちがいいですよ!

    (photo by 足成)
    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人