\ フォローしてね /

ピカピカになる「仏壇」のお掃除方法

仏壇の種類にもよりますが、漆塗りや金箔、飾彫りなどがあるものは、それなりにお掃除が大変ですよね。場合によっては専門業者へお願いしなければならないときもあると思います。

ここでは、著者が行っている「仏壇」のお掃除方法をご紹介します。

著者所有の仏壇概要

ケヤキに黒色ウレタン樹脂塗装(俗にいうピアノ塗り)を施したもので、厨子部は総金箔貼り、大きさは全高195cm、全幅230cm、奥行90cm。

用意するもの

  • 汚れていないタオル…2枚
  • 綿棒…3~5本
  • 水バケツ…2~3杯(汚れの度合いで変わる)
  • 中性洗剤(市販の液体状の物)…適量
  • 艶出し剤(市販の家具や仏壇用で液体状の物)…適量
仏具のお掃除についてはかつあいします。

仏壇の汚れ落とし

STEP1:洗剤を混ぜる

(A)バケツに水2リットルに対し、中性洗剤20cc程度を目安に混ぜます。

STEP2:汚れを拭く

(A)にタオルを浸し、タオルを固く絞って仏壇の汚れを拭いてゆきます。汚れを拭いてはタオルを水バケツで洗い直し、固く絞って拭くという作業を繰り返し、仏壇全体の汚れが取れるまで行います。

拭き跡が目立たないように、タオルは出来るだけ固く絞りましょう。
途中でバケツの水の汚れがひどくなったら捨てて、再度、(A)を作ります。水の汚れの目安はバケツの底が見えなくなったときです。
尚、飾彫りの細かい隙間のところは、綿棒でほこりを落とします。

厨子部などの汚れ落とし

厨子部などの金箔貼りのところは、乾いたタオルで拭くだけ。洗剤などは使いません。

仏壇屋さん曰く、洗剤により金箔が変色したり剥がれることがあるようです。また、素手で触ると数年後に指紋痕になるそうです。著者は白手袋を着用して行っています。

仏壇の艶出し

仏壇の汚れが取れたら、乾いたタオルに艶出し剤を適量染み込ませて、磨くような感じで拭いてゆきます。これにより、仏壇の光沢が見違えるほどピカピカになりますよ。

使用する艶出し剤により、使用方法や要領に違いがあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?著者が行っているお掃除の所要時間は約4時間で、仏具などのお掃除を合わせると合計で5時間以上になることもあります。ですので年に1度、お休みで時間に余裕がある年末に行っています。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。