\ フォローしてね /

英語で電話応対!聞き取る力を上げるためのポイント

電話でのリスニングは、対面でのリスニング時より理解するための情報が少なくなりますので、難しくなります。筆者の経験から、リスニング力を上達させるための方法をご紹介します。

聞き取り上達法

英会話のパターンを頭に入れておく

シチュエーション別の会話のパターンを頭に入れておきます。最もシンプルな例で考えます。

例えば、あなたの会社が取引先の外国人から電話を受ける場合、相手は、まず名前を名乗ります。そして、「~さんと話をしたいのですが」と言います。これを英語にすると、

  • Hello, this is ~.
  • May I speak/talk to ~?
  • I would like to speak/talk to ~.

これらのフレーズを知っておくと、簡単にリスニングできるはずです。基本部分のリスニングができれば、以下のように多少枝葉がついても、すぐに理解できるでしょう。

  • I would like to speak to ~ who is in charge of ○○.(○○担当の~さんと話したいのですが)
その状況の基本パターンを記憶しよう。

自分に必要なシチュエーションを選ぶ

自分が英語を聞く・話すであろうシチュエーションをいくつかピックアップして、上述の作業をします。必要に迫られているシチュエーションが良いでしょう。

自分に直接関係のないものだと、なかなか頭に入りません。

あとは実践あるのみ

上述の準備ができたら、あとは実践あるのみです。実践の回数に比例して、リスニングの力は上がります。その過程で、わからない単語やフレーズ・表現が出てきたら、(聞き取れれば)メモして調べます。

聞き取れなければ、なんとなくでも頭に残しておきます。次回、同じ経験をしたときには、何か気付くかもしれません。

おわりに

電話でのリスニングは対面でのそれと比較して難しいのですが、状況を限定して、会話内容を予想&準備しておくことにより、リスニングできるようになります。あなたのご参考になれば幸いです。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。