\ フォローしてね /

かさばる衣類品をすっきり収納!衣類品の捨てるルール

不要になった物はその度捨てていかないと、部屋は物であふれてしまいます。

その中でも衣類品というのは、年々数が増えるものであり、収納場所も多くとります。ここでは、衣類品をすっきり収納するための「捨てるルール」をご紹介します。

捨てる服の判断基準

「着たor着ていない」で判断する

服は「着られるor着れない」で判断してしまうと、ほとんどが残ってしまいます。

2年くらいをさかのぼって、その服を着たかどうかを考えてみましょう。2年間着ていない服は、今後も着る可能性は低いので、捨てましょう。

中には、ほとんど新品のままで長い間着ていないという服もあるかもしれませんが、そのようなものも、勿体ないと思わずに思いっきり捨てましょう。

状態がいいものは、リサイクルショップなどに持っていくのもおすすめです。

捨てるタイミング

まずは一度、服の整理をする

まずは一度、服の整理をして、衣類を収納するスペース(タンスやクローゼット等)を決めます。

収納スペースがいっぱいになったら処分する

収納スペースがいっぱいになったら、着ない服を処分するようにしましょう。

新たに収納スペースを設けるのではなく、常に決めた収納スペース内に収まるようにこまめに処分していきます。

新しい服を買ったら、古い服を捨てるという意識を持っておくといいでしょう。

そのルールを実践してみてどう良くなったか

以前は着ない服で、収納スペースを占領していましたが、このルールを始めてからは、クローゼットの中だけですっきり収納できています。

初めは、服を捨てることに抵抗がありました。しかし、続けていくことで、クローゼット内をきれいに保つことを1番に考えられるようになり、服を捨てる抵抗もなくなってきました。

おわりに

捨てられない人の中には、「もしかしたら、今後着るかもしれない」と思う人も多いと思います。しかし、著者の経験上、2年以上着ていない服を捨てて後悔したことはありませんし、捨てたことも忘れてしまうくらいです。

着ない服は思いきって捨てて、部屋をすっきりさせましょう。

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。