1. 料理
    2. オーブンいらず!卵1個でフワフワロールケーキを作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    オーブンいらず!卵1個でフワフワロールケーキを作る方法

    オーブンでロールケーキを作るのは、なんだか大変そう・・・。ホットケーキを焼くような手軽さでロールケーキが出来ないかな?と、思ってる方へお勧めです。

    なんと、フライパン一つで簡単にロールケーキの生地が作れちゃいます。多少の泡立ては必要ですが、フライパンで焼く!と言うのがミソなんですよね~

    しかも卵1個で作れるので、目玉焼きや玉子焼きを焼くような感覚で楽しみながら焼けますよ!

    ここではオーブン無しでフワフワロールケーキを作る方法をご紹介します。

    材料(4~5人分)

    • 卵・・・1個
    • 薄力粉・・・30g
    • グラニュー糖・・・25g
    • サラダ油・・・小さじ1/2

    デコレーション

    • ホイップクリーム・・・100g
    • お好みの果物(ここでは苺)・・・適量

    シロップ

    • 砂糖・・・大さじ1
    • 熱湯・・・大さじ1
    • ラムエッセンス(無くても良い)・・・2~3滴

    道具

    • 直径26cmサイズのフライパン
    • クッキングシート

    作り方(調理時間:40分)

    STEP1:クッキングシートを用意する

    フライパンにクッキングシートを敷きます。生地が乗せやすいように、手で押さえつけましょう。

    STEP2:薄力粉をふるう

    薄力粉を2~3回ふるいます。

    STEP3:泡立てる

    湯を用意し、その上に卵を割りほぐしたボールをのせます。グラニュー糖を2~3回に分けて入れハンドミキサーで白くもったりするまで8~10分位泡立てます。

    途中卵生地を触って、卵が人肌程に温くなってきたら湯銭から外し更に泡立てます。生地を持ち上げた時、生地がリボン状に落ちてくればOKです。

    STEP4:粉を加える

    STEP2のふるった粉を2~3回に分けて加え、ゴムべらで生地を切る様に、さっくりと混ぜます。

    STEP5:サラダ油を加える

    サラダ油は生地に入れる直前まで湯の張ったボールで温めておきましょう。

    STEP3にゴムベラでサラダ油を受けながら、ボールの底の方からすくい上げるように、粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

    STEP6:焼く

    STEP1の真ん中に生地を流しいれます。

    とろ火にし、蓋をしめ5~10分位焼きます。

    焦げないように、時々蓋をあけて様子を見ましょう。

    STEP7:焼きあがり

    生地の表面が乾いたら、焼きあがりのサイン!フライパンから皿に取り出し、直ぐにサランラップを生地の表の部分にのせます。

    粗熱が取れたら、クッキングシートをそっと剥がします。包丁やナイフで生地が四角くなるように切ります。

    STEP8:デコレーションする

    シロップの材料を合わせ、STEP7のクッキングシートを外した面に、ハケやスプーン等を使って全体に塗ります。その上にホイップクリームをのせます。

    スポンジにシロップを塗ると、しっとりした仕上がりになります。

    半分に切った苺を生地の真ん中に乗せます。

    STEP9:巻く

    サランラップを持ち上げ、生地の両端をふっつけます。

    生地は中に巻きこみません。

    端同士がふっついた状態です。

    著者はクリームの量が多すぎてしまったのではみ出しました。生地の端の部分のクリームは少な目にぬってください。

    新しいサランラップを長めに切り、生地の合わせた部分を下にして、包みこみ冷蔵庫で2時間以上冷し、クリームを落ち着かせます。

    少し冷した方が、しっとり美味しく頂くことができますよ!

    完成

    冷蔵庫から取り出したロールケーキの上にミントを飾りました。

    上手に作るためのポイント

    • 泡立てはしっかりしましょう。
    • 粉を混ぜる時は切るように混ぜましょう。捏ねてしまうと折角の泡がきえてしまいます。
    • 焼く時は焦げない様に、蓋をあけて時々様子をみてください。

    さいごに

    オーブンが無くても、ふんわりロールケーキが出来あがりました。

    ココアを混ぜて焼くとチョコレートロールもできます!色々なバリエーションが楽しめますよ。

    お子さんと一緒に作るのも楽しそうですね。

    是非お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人