\ フォローしてね /

捨て上手になるための1・2・3ステップ

はじめに

モノの呪縛。いざ片づけをしようと部屋の荷物を広げても、片づけどころか思い出に浸るばかり。これには随分高いお金を使ったなぁ、あ、たしかこれ買ったとき元カレ(カノ)と旅行にいったんだっけ。なんて具合に。

お部屋の整理整頓に思い出話は禁物。ここで注目すべきは、モノの気配(モノのけ)です。そのモノは生き生きと愛用されているものなのか、それとも見向きもされずにホコリをかぶっていたものなのか?

およそ3年も使っておらずホコリにさらされていたモノは、この先も使う見込みがないと言い切っても過言ではありません。「使わずに3年過ぎたら2度と使わない」と断言するぐらいの強い気持ちで片付けにのぞみましょう。

モノを捨てるための3ステップ

ステップ1

ここ1〜2年ほど使われた気配のないモノたちを、「経過観察」ボックスに収納します。この段階では、保管方法には十分注意しましょう。衣類などには防湿・防虫剤などお忘れなく。

また本やCDなど棚に並べているモノたちは、棚の一画に「経過観察」コーナーを設けて、そちらに移動させましょう。

経過観察ボックス・コーナーに移動した年月日は、一目でわかるように明記しておきましょう。

ステップ2

経過観察ボックス(棚)に移動してから1年後...。結局1年間ボックスを開けることがなかったなぁというときは、悲しいかな、いよいよモノたちに別れを告げるタイミングです。

ここはいさぎよく。毅然とした態度で。次なる具体的な処分手順に向いましょう。

ステップ3

捨てるのか、はたまた別の方法で処分するのか。捨てる以外にも、家族・知人・友人に譲る、オークションやフリマに商品として出店する、リサイクルショップに買い取ってもらうなどの方法があるでしょう。

別れを告げられたモノたちへの最後の愛情と思って、ここは迅速に、それぞれに最適な行く先を決めてあげましょう。そして即行動。捨てる場合は、おのおの地域指定のゴミ収集ルールに従うこと!

おわりに

使いはしなくても一生大切にすると決めたモノたち。これらのモノたちは別のボックスに大切に保管しておきましょう。こちらの永久保存ボックスを開けるときは、素敵な思い出に包みこまれると良いですね。

(illustration: by author)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。