\ フォローしてね /

いつ返せばいいの?お守り・破魔矢・御札を処分するときのポイント

お守りには交通安全や合格祈願、安産祈願と、様々なものがあります。でも、いつも間にかお守りの数が増えてしまい、捨てるわけにもいかないし、処分に困ってしまう・・ということはありませんか。

ここでは、筆者が実践したお守りや御札を処分する方法をご紹介します。

処分タイミングの見極め方

お守りの効力は1年だと言われています。また、安産祈願や合格祈願のものは、願いが成就した後に、感謝の気持ちを持って処分するとよいと思います。

お守りや御札を処分する方法

1:お守りをもらった寺や神社に返す

そのお守りを頂いた神社や寺にお返しするのが基本です。篝火などでお炊きあげしてもらえます。

その神社やお寺の神主さんや住職さんにお願いすると、引き取ってもらえます。

神社によっては、境内にお返しするお守りを入れる箱を設置しているところもあります。お返しする箱の近くに賽銭箱があれば、気持ちの分お賽銭を入れます。

2:最寄りの神社やお寺にお願いする

頂いたお守りやお札が、遠方の神社やお寺のもので返しに行けないときは、最寄りの神社やお寺にお願いしても良いです。

原則として、お寺でもらったものはお寺へ、神社にもらったものは神社にお返ししてください。

お守りを返す流れ

STEP1:返しに行くお寺や神社に問い合わせる

返しに行くお寺や神社に電話をして、お守りやお札を引き取ってもらえるか確かめます。

神主さんや住職さんに直接お願いする場合もありますし、設置されている箱などに入れる場合があります。

STEP2:お寺や神社に行く

お寺や神社に、お返ししたいお守りやお札を持って行きます。

STEP3:お守りやお札をお返しする

お守りやお札を神主さんや住職さんにお返しします。

筆者がお返しした神社では、お守りをお返しする際に500円をお賽銭として渡します。お賽銭を渡した場合は、交通安全のステッカーと交換してもらえます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。神様に守って頂いたり、願いを叶えて頂いた分、感謝の気持ちを持ってお返ししたいですね。

筆者の経験が、少しでもお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。