\ フォローしてね /

世界一のパティシエ!新百合ヶ丘にある洋菓子店のおすすめポイント

このライフレシピのもくじたたむ

お宅にお邪魔する際など、ちょっとした手土産を持って行く時にこのお店で買えば間違いない!というお店を1軒は知っておきたいものですよね。

今回は、世界でその実力を認められたパティシエのお店をご紹介します。

お店情報

著者がこのお店を知ったのは、芸術鑑賞で訪れるアートセンターのそばにあるからです。ここのオーナーは夫妻揃って国際コンクールで優勝や準優勝など数々の功績がある、世界で活躍している本格派の洋菓子店です。 ###店名 Patisserie Etienne(パティスリー エチエンヌ) ###住所 神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-13 マスターアリーナ新百合ケ丘1F ###営業時間 10:00~19:00 (月曜定休) CHECK:最寄りは小田急線の新百合ケ丘駅です。徒歩6分くらいで、ちょっと離れたところに駐車場もあります。 お店はケーキや焼き菓子の他に、ホールサイズのオリジナルケーキもオーダーメイドできます。出産のお祝いやお宅訪問の手土産でも、とにかくハズレなしでどれも美味しいです。 ##おススメの洋菓子 なんと、このお店ではオーナーパティシエが国際コンクールで優勝した一品、リベルテ・ソバージュが買えます。いつ行っても色とりどりのケーキが並んでいて、新作もありどれも目移りします。 そんな中、著者が美味しそうな季節のケーキと一緒に、どちらを買うか迷うので必ず両方買ってしまう洋菓子があります。 ###遊羽クリーム(200円)

ひと言でいうならシュークリームです。シュー表面は本当にサクサクです。中はバニラビーンズが贅沢に使われている香り高いカスタードクリーム。

この価格でこの味をいただけるとは、コストパフォーマンスの極めて高い一品だと思います。ちなみに、遊羽はお店のキャラクターのぶたの名前です。

ぶたのおしり(300円)

これまたシュークリームなのですが、表面のカリカリがもうたまりません。ちょっと香ばしく、芳醇なカスタードクリームとの相性は絶妙です。

おわりに

都内に本店があるかと思いきや、ここにしかないそうなので、機会があれば是非行ってみてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。