1. 暮らし
    2. 「立体」に干す!洗濯物が早く乾くポイント3選

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「立体」に干す!洗濯物が早く乾くポイント3選

    太陽の光で乾かした洗濯物は、とても気持ちのいいものです。

    でも逆に生乾きだった時は、臭いがしたり、身につけた時にベタッとしたりして気持ち悪いものになってしまいます。

    なるべくそうならないよう、きちんと洗濯物を乾かすコツを3点ほど紹介したいと思います。

    干すのに必要な道具

    ハンガーを使います。ハンガーならなんでもいいです。著者はクリーニングのときに一緒についてくるものを使っています。

    具体的な干し方のポイント3選

    洗濯物を干す時は、立体的になるように意識する

    1:シャツの場合 ハンガーを二本使って、立体的に干す

    写真のように、Tシャツにハンガーを二本入れることで、空気を通す空間が生まれ、より早く洗濯物を乾かすことができるようになります。

    なるべく空間を大きくするために、ハンガーを離した状態で掛けてあげると、さらに効果が上がります。

    2:タオルの場合 長さをずらして干す

    タオルを干す場合、タオルの端を同じ長さにするよりも、ずらしてあげる事で、風が入りやすく、太陽に当たる表面積も増え、早く乾かすことができます。

    3:厚い生地の場合 タオルの下にハンガーを入れて、立体的に干す

    タオルの下に、ハンガーを掛けてあげると、風通しが良くなり、厚い生地のタオルでも乾きが良くなります。

    その他

    このやり方はシーツ毛布のときにも使えます。大きさに応じて2本3本とハンガーを増やしてみてください。乾きの早さや、乾き方に差が出てきますよ。

    おわりに

    このようにちょっとしたひと手間をかけてあげることによって、洗濯物は格段に乾きが良くなります。

    コツは洗濯物を「立体的に干す」です。

    このことを意識すれば、他の洗濯物の場合でもいろいろと応用がきくと思います。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人