1. 暮らし
    2. ハンガーで洗濯物を干す時に跡がつかないようにする方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ハンガーで洗濯物を干す時に跡がつかないようにする方法

    洗濯機を使えば、とても簡単に洗濯をすることができますが、なんでも同じ干し方をすると、大切な衣類の仕上がりが悪くなります。

    そこで、今回はハンガーで洗濯物を干す時に跡がつかないようにする方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 洗濯物
    • ハンガー
    • 洗濯ばさみ(必要であれば)

    干し方の具体的な手順

    STEP1

    洗濯物を用意します。ハンガーの干し方ももちろんですが、型崩れなどが心配な大切な衣類は、ネット使用で手洗いコースで洗うか、手洗いを行いましょう。

    STEP2

    しわをのばしたり、丸まった部分を伸ばすなどして、干す前に衣類を整えます。

    しわがついたままほすと、しわのまま乾いてしまいきれいに仕上がりません。また丸まっていると、その部分の乾きが遅くなります。

    STEP3

    ハンガーの跡がつかないようにするためには、普通どおりに干してはいけません。

    特にニットは、普通どおりに干すと肩の部分がいかってしまったり、飛び出すなどして跡が残ります。このように、比較的長い身頃の部分を折り返すように干します。

    しかし、長時間このように干すと、身頃部分に跡が残ってしまう可能性があるため、しばらく干したら位置をずらすなどするとより良いと思います。

    気をつけるべきこと

    生地によってハンガーの使い方を変える事がポイントです。

    綿などのしっかりとした素材はそれほど心配ないのですが、ニットなどの伸びやすい性質の衣類は、ハンガーの跡が大変残りやすいため、身頃にハンガーを通すなどの工夫をしましょう。

    大切な衣類を守るためにも、素材や生地を見て干し方を判断しましょう。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?

    干し方を少し工夫するだけでも、洗濯物の仕上がりが変わってきますね。

    この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人